「サッポロ -0℃(マイナスレイド)」新発売  ~キンキンに冷えたジョッキで飲んだ時のような爽快でクリアな味わい~

PR TIMES / 2015年5月13日 12時20分



 サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、新ジャンル「サッポロ -0℃(マイナスレイド)」を2015年7月7日(火)に発売します。
 この商品は、氷点下の-0℃で熟成(注1)することで雑味を抑え、過去最高レベルの超高発酵(注2)によりシャープな喉ごしとキレを実現。キンキンに冷えたジョッキで飲んだ時のような、麦のうまみがありながらも、喉にスッと届いて消える、爽快でクリアな味わいを楽しめます。
 缶のデザインは、インパクトのある黒をベースとし、敷き詰められた氷上のジョッキから立ち上がる冷気をまとわせ、冷たいうまさを視覚的に表現。さらに、製法である氷点下熟成を表現する商品名「-0℃」を泡シズルと重ねることにより、新奇性が感じられる印象的なパッケージとしました。
 当社は、「サッポロ -0℃」が、たくさんのお客様の喉を潤し爽快な気分を楽しんでいただけることを期待しています。
(注1) -1℃~0℃の温度で熟成
(注2) 当社新ジャンル比

                         記

[画像: http://prtimes.jp/i/12361/91/resize/d12361-91-103640-0.jpg ]



1.商品名
サッポロ -0℃(マイナスレイド)

2.パッケージ
350ml缶・500ml缶

3.品目
リキュール(発泡性)1.

4.発売日・地域
2015年7月7日(火)、全国

5.原材料
発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類)・スピリッツ(大麦)

6.アルコール分
5%

7.中味特長
氷点下の-0℃で熟成することで雑味を抑え、超発酵によってシャープな喉ごしとキレを実現。
キンキンに冷えたジョッキで飲んだ時のような爽快でクリアな味わい。

8.価格
オープン価格

9.販売計画
120万ケース(大びん633ml×20本換算)
                                                 以上
<消費者の方からのお問い合わせ>
サッポロビール(株)お客様センター
TEL 0120-207800

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング