「近畿中部広域復興支援ファンド」への出資について

PR TIMES / 2020年7月31日 19時45分

株式会社北陸銀行(頭取 庵 栄伸)は、株式会社地域経済活性化支援機構(以下「REVIC」という。)」のファンド運営会社であるREVICキャピタル株式会社及び株式会社AGSコンサルティングが共同で設立した「近畿中部広域復興支援投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」という。)へ出資を行うことを決定しましたので、お知らせいたします。
本ファンドは、新型コロナウイルス感染症等の影響により経営環境が悪化した事業者の復興及び事業再生等を早期に実現するため、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県を対象として、同府県に本店又は主要事業拠点を有する事業者及び同12 府県の地域経済の再活性化に資する事業を行う事業者等に対し、過剰債務の解消、必要資金の提供及び人的支援を行うことを主たる目的としています。
当行は、地域金融機関として本ファンドを活用することで、経営が悪化した事業者の皆様の事業再建等の支援体制強化に取り組み、地域経済の発展に貢献して参ります。



1.本ファンドの概要(2020年7月31日現在)

[表: https://prtimes.jp/data/corp/27374/table/91_1.jpg ]


(※)本ファンドは、2020年9月末の組成完了を予定しています。

2.該当するSDGsの目標

[画像1: https://prtimes.jp/i/27374/91/resize/d27374-91-525955-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/27374/91/resize/d27374-91-528939-2.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング