幌に初めて、日傘や帽子で人気の機能素材を採用!まるで日陰にいるような空間を実現したベビーカー『ソラリア リミテッド 2014』新発売

PR TIMES / 2014年6月3日 14時10分

ベビーカーの幌に初めて、日傘や帽子で人気の機能素材を採用
『ソラリア リミテッド 2014』数量限定で新発売!!
紫外線カット率・遮光率が99%以上で、まるで日陰にいるような空間を実現。



http://www.aprica.jp/

アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:前田英広)は、ベビーカーの幌に、紫外線カット性・遮光性に優れた幌を搭載した『ソラリア リミテッド 2014』を全国のベビー用品専門店・百貨店・アップリカ直営店などにて2014年6月下旬より数量限定で新発売いたします。

この度、アップリカが「mama&crowd(ママ&クラウド)」(※1)のママを対象に実施した調査(※2)では、99%のママが「紫外線や暑さについて、赤ちゃんへの影響が気になる」と回答いたしました。ほとんどのママが、赤ちゃんの紫外線や暑さについて気にしていることがわかりました。

アップリカは、UVカット性・遮光性に優れ、女性用のプレミアム日傘や帽子として商品化され人気の東レ株式会社の機能素材「サマーシールド(R)(※3)」に着目し、ベビーカーの仕様に合わせた「サマーシールド(R)AP」を共同開発いたしました。

『ソラリア リミテッド 2014』は、幌の素材として初めて「サマーシールド(R)AP」を採用。紫外線カット率99%以上、遮光率99%以上で、暑い夏もまるで日陰にいるような、赤ちゃんに快適な空間を実現しました。さらに、シートの一部にキルティング加工を施すなど、ラグジュアリーなデザインにもこだわりました。

また、従来からご好評をいただいている人気機能も搭載。吸水性、保温性に優れた機能素材で、一年中快適に過ごせ、さらに洗濯機で丸洗いができる「リバーシブルシート」や、座面位置が高く熱やホコリから遠ざける「ハイシート56cm」など、赤ちゃんに優しい機能が充実しています。また、対面時も背面時も常に走行がスムーズで小回りが可能な「オート4輪」など、ママ、パパの使い心地も追求いたしました。

※1:株式会社サイバーエージェントが運営するママ向けクラウドソーシングサービス
※2:2014年5月「夏の赤ちゃんとの外出について」調査より、ママ500名を対象に実施
※3:サマーシールド(R)は東レ株式会社の登録商標です。

■製品詳細はこちら
www.aprica.jp/products/babycar/typea/92768_8/

【製品概要】
◆製品名:ソラリアリミテッド 2014
◇カラー:ノーブルブラウン(BR)、ノーブルネイビー(NV)
◇価格:67,000円+税
◇使用期間:生後1カ月~36カ月まで (体重15kg以下)
◇サイズ:開:W495×D690~950×H860~1035(mm)/閉:W495×D380×H855~960(mm)
◇重量:7.8kg
◇規格:製品安全協会A型SG合格品

【参考資料】
『ソラリア リミテッド 2014』の主な機能
◆日差し、紫外線から守る幌に「サマーシールド(R)AP」採用 【新機能】
東レ株式会社とアップリカが共同開発した機能素材「サマーシールド(R)AP」を幌部分に採用。紫外線カット率99%以上、遮光率99%以上で、まるで日陰にいるような空間で、暑い日も快適なお出かけができます。

◆ラグジュアリーな「プレミアムデザイン」 【新仕様】
シートの一部にキルティング加工を施すなど、ラグジュアリーな限定モデルならではのデザインを実現しました。

◆季節に合わせて快適に過ごせる。洗えて清潔「リバーシブルシート」
リバーシブルシートに、機能素材を採用。暑い時は汗を吸い上げ、寒い時は保温素材として暖かさを保持する通気性、吸水性、保温性に優れた4層構造のシートを実現しました。夏の暑さ、冬の寒さから赤ちゃんを守ります。また、リバーシブルシートは、簡単に取り外せて洗濯機で丸洗いが可能で、常にシートを清潔に保つことができます。

◆熱とホコリから赤ちゃんを守る「ハイシート56」
赤ちゃんの座面位置が路面から56cmのハイシート構造。路面の放射熱やほこりから赤ちゃんを遠ざけます。また、赤ちゃんとの距離が近くなり、ラクに乗せおろしができます。

◆対面時も背面時も常にスムーズ走行「オート4輪」
ハンドルの切り替えに連動して、自動で前輪のロックが解除する構造。進行方向に対して後輪はロックされ、前輪がフリーになることで、対面時も背面時も、常に小回りがききスムーズな走行が可能になりました。

■「夏の赤ちゃんとの外出について」調査結果■
アップリカが「mama&crowd」のママ親を対象に実施した調査では、「赤ちゃんと外出する際に最も気になること」に関して、1位が熱中症で57%、2位が紫外線や日差しで40%でした。夏のお出かけでは、暑さや紫外線が、高い関心事であることがわかりました。
また、「紫外線や暑さについて、赤ちゃんの影響が気になる」は、「とても気になる」、「気になる」の合計で93%、さらに「やや気になる」を加えると99%となりました。
その他、「夏の赤ちゃんとの外出特に工夫していること」として、以下のような声が聞かれました。
----------------------------------------------------------
・小まめに水分補給する
・暑い時間の外出はなるべく避ける、日陰を歩く
・ベビーカーには日よけを付ける、保冷剤を使う
----------------------------------------------------------
◆調査概要
調査地域:全国
調査対象者:「mama&crowd」内のママ500名
調査方法:Webアンケート方式
調査期間:2014年5月16日~2014年5月17日

◆「mama&crowd」について
「Ameba」が運営する、18歳以上の育児中の女性を対象としたクラウドソーシングサービス。仕事をしたいワーカー(ママ)と、仕事を依頼したいクライアント(個人・法人)をマッチングし、オンライン上で仕事の依頼、納品が可能なプラットフォームとして、アンケート回答やWebサイトの記事作成など、専門的な知識がなくても取り組むことができる仕事を提供している。 自宅で育児をしながらインターネット経由で仕事を受託できる仕組みやサービスを提供することで、「ママの新しい働き方」を創出していく。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング