地方自治体・観光協会向けに「観光クチコミ表示サービス」提供開始

PR TIMES / 2013年9月13日 20時34分

~導入第一弾として岡山県観光連盟「おかやま旅ネット」で観光クチコミを表示、ソーシャル上の「声」を活用したWebサイト構築で地域活性化を支援~

ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀)は、地方自治体・観光協会向けに、ソーシャルメディア上のクチコミ情報を抽出してWebサイトに表示する観光クチコミ表示サービス」を9月13日より提供開始いたします。
サービスの導入第一弾として、公益社団法人岡山観光連盟が運営する観光総合サイト「おかやま旅ネット」において、「瀬戸内国際芸術祭2013」に関するツイートを抽出し表示する「瀬戸内国際芸術祭の『なう』集めました」が本日より開始します。

観光クチコミ表示サービス詳細ページ : http://www.aainc.co.jp/service/social-in/tourism/



本サービスは、アライドアーキテクツが提供するソーシャル情報収集エンジン「Social-IN」(http://www.aainc.co.jp/service/social-in/)において、特定のキーワードをもとにソーシャルネット上のクチコミ情報を抽出して管理・表示できる機能をASP(インターネットを通じてビジネス用アプリケーションをレンタルするサービス)で地方自治体・観光協会に提供するものです。

 
 近年、地域活性化を目的としたソーシャルメディア活用に注目が集まっており、TwitterやFacebookで発信されたクチコミ情報をWebサイト上に掲載する企業が増加しています。しかしその一方で、これらのコンテンツを安全に管理・運用するためには専門的な知識や多額のコストが必要とされてきました。
「観光クチコミ表示サービス」では、抽出するキーワードの登録や表示・非表示などの操作を管理画面上で一括して行うことができるため、誰でも安価・手軽にクチコミ情報を活用することができます。


 サイト上に表示できるソーシャルメディアはTwitter、Facebook、ブログの3種から選択可能で、Twitterではハッシュタグやキーワード等、FacebookではユーザーからのFacebookページへの投稿等、SNSごとの特性に合わせて抽出条件を設定することができます。     
キーワードを「イベントの名称」+「地名」+「楽しい」というように複数登録することで抽出条件を絞ったり、NGワードを設定することで抽出候補から省いたりと、Webサイトの目的や方針に合わせて自由に表示内容の設定が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング