デルタ航空、ニューヨーク・ニュージャージー港湾局およびターミナル運営会社と共に、14億ドルを投じて拡張したジョン・F・ケネディ国際空港第4ターミナルをオープン

PR TIMES / 2013年5月25日 15時35分

9つの搭乗ゲートを新設、ターミナル施設全体を拡張し、JFKハブ空港に継続投資



【ニューヨーク、2013年5月24日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、ニューヨーク・ニュージャージー港湾局およびJFK国際空港エアーターミナル会社(略称JFKIAT)とともに、総額14億ドルを投じたJFK再開発計画の一環として、ジョン・F・ケネディ国際空港に新第4ターミナルをオープンしました。

これまで第3ターミナルを利用していた成田-ニューヨーク線などの国際線は、全て第4ターミナルからの発着となり、お客様に最新の設備をご利用いただけるようになります。

デルタ航空の最高経営責任者、リチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は次のように述べています。
「第4ターミナルを最先端の施設にするためにここ数年間取り組んできました。そして本日、世界中のお客様、ニューヨーク市民、デルタ航空従業員の期待に沿うような、国際ハブ空港にふさわしい立派なターミナルをオープンすることができました。このJFK第4ターミナルは、デルタ航空がニューヨークおよび世界中で実施している設備投資の中でも象徴的な存在であり、デルタ航空にとって喜ばしい日となりました。オープニングを祝うとともに、ニューヨーク・ニュージャージー港湾局、JFKIAT、スキポールグループ等、ご尽力いただいたパートナーの皆様に御礼申しあげます。」

本日オープンを迎えた第4ターミナル拡張プロジェクト(第1フェーズ)の概要は以下のとおりです。

・ 国際線用搭乗ゲートを9つ新設、7つ改装
・ チェックインエリアのリニューアル、ビジネスクラスやマイレージプログラム上級会員用の優先サービス
「スカイプライオリティ」専用カウンターの一新
・ 保安検査場の一元化
・ レストランおよびショッピングエリアの充実
・ 24,000平方フィートの広さを持つラウンジ「デルタ スカイクラブ」を新設し、デルタ航空初のアウトドア・テラス、「スカイデッキ」をオープン
・ 預け入れ手荷物のセキュリティチェック(スキャン)をチェックイン後に行うインライン・バゲージ・システムを導入し、手続きを簡略化
・ 預け入れ手荷物受け渡しエリア(バゲージクレイム)、税関国境警備局使用エリア、乗り継ぎ旅客用の再チェックイン施設の改良

JFKIATが運営する第4ターミナルのコンコースBに、34万6, 000平方フィートの面積が追加されたことにより、第4ターミナルの総面積は200万平方フィート程となり、北米最大級のターミナルに生まれ変わりました。大西洋路線でのパートナーであるヴァージン アトランティック航空も第4ターミナルを使用しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング