複合材料をものづくりの武器に! 徹底活用のためのシミュレーションセミナー開催

PR TIMES / 2014年2月24日 11時58分

損傷・強度・物性評価手法について日東紡績様・日之出水道機器様を 講師としてお招きし、開発現場の活用事例をご紹介いただきます。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、「複合材料をものづくりの武器に!徹底活用のためのシミュレーションセミナー ~高分子/金属系などのユーザー事例と損傷・強度・物性評価手法~」(以下、「本セミナー」)を2014 年3 月14 日東京・2014 年3 月19 日大阪にて開催することをお知らせいたします。
近年、多くの業界において、先進的な複合材料を導入する動きが広がっています。そのため製品開発の現場では、複合材料を考慮したシミュレーションへのニーズが高まっていますが、モデル化に多くの工数を要する事から、開発現場での詳細なシミュレーションは困難でした。

しかし、マルチスケール解析ツールや複合材料専用のプリ・ポストプロセッサを利用することで、複合材料の特性を考慮した、詳細なシミュレーションが可能となります。

本セミナーでは、複合材料に特化したツールのユーザー様を講師としてお招きし、開発現場での活用事例をご紹介いただきます。また、マルチスケール解析ツール「Multiscale.Sim(※)」を用いた数値材料試験や、求められた材料特性を使って、最終製品の評価を行う方法をご紹介するほか、複合材料専用のプリ・ポストプロセッサ「ANSYS Composite PrepPost」を用いた、複合材料構造物のモデル化や損傷評価基準の算出方法をご覧いただきます。

競争力強化のカギとして注目される複合材料。本セミナーが、その強みを最大限に活用するためのヒントになれば幸甚です。CFRP(炭素繊維強化プラスチック)や金属基複合材料、多相金属や多孔質体など、あらゆる複合材料を用いた製品開発に携わる方々のご参加をお待ちしております。

※:Multiscale.Sim は、マルチスケール解析専用のCAE です。マルチフィジックス解析ツール「ANSYS」専用のアドオンツールであり、ANSYSの高度な解析テクノロジーをマルチスケール解析に適用することができます。

本セミナーの詳細・申し込みについては、下記Web サイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/seminar_event/special/multiscale_5.html

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング