1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

導入2カ月で年間700万円ものコスト減を果たした企業が語る!失敗しない受発注のコスト削減の秘訣が分かる【決定版!受発注業務コスト削減セミナー】2021年10月21日@Zoom開催

PR TIMES / 2021年10月7日 16時45分

~DXのトータルサポート「Super DX-BPO」を手掛ける株式会社フューチャー・コミュニケーションズと「RPAロボパットDX」を提供する株式会社FCEプロセス&テクノロジーによる共催セミナー~

事務職でも作れる純国産RPA「RPA Robo-Pat DX(以下、RPAロボパットDX)」を展開する株式会社FCEプロセス&テクノロジー(東京都新宿区/代表取締役社長:永田純一郎)は、ノウハウ×システム×リソースをワンストップで提供する株式会社フューチャー・コミュニケーションズ(大阪府大阪市/代表取締役:床田宗隆)と、受発注業務の効率化を目的とした「事例から学ぶ!「決定版」失敗しない受発注業務コスト削減セミナー」を2021年10月21日(木)に開催いたします。



「季節変動が激しく、受発注業務の人員確保(シフトコントロール)が難しい」
「取り扱い商品数が増え、事務作業は増える一方。人為的ミスのリスクを軽減したい」
「事務作業が増えてもリソース不足にならない体制を作りたい」
「顧客情報を上手く活用できていない。マーケティング力を上げたい」
「時間に縛られる業務が多く、余裕がない」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?


企業が抱える「受発注業務」。この「受発注業務」は多くの場合
・扱う商品数が増加すればするほど、手作業が増える
・商品の仕入れ先や出店先(モール)の数だけ、業務フローがある
といった傾向があり、事業が拡大すればするほど現場の方々の事務作業は増えるという事務作業の増大ループに陥りがちです。事業拡大をしたいけれど、そういった事務作業が足かせになり、事業拡大に二の足を踏む企業の方も多くいらっしゃいます。

そうした場合において、このフローを企業ごと個別に見直し、RPAによって最適化・自動化することで、事務作業の時間を大幅に削減することができます。結果として、事業が拡大しても事務作業が増えない体制を作ることへつながります。

また、ミスをしたらどうしようという社員の心理的負担の解消、連休明けやキャンペーンなど、注文が殺到する時期への対処なども可能になります。

本セミナーでは、業務フローの見直しとRPAによって、受発注業務を効率化した事例を通して、“失敗しない”受発注業務に関するコスト削減のヒントをご紹介します。


第一回『事例から学ぶ!「決定版」失敗しない受発注業務コスト削減セミナー』を開催 ~2021年10月21日(木)14時~15時@Zoom~

本セミナーでは下記のような事例をご紹介致します。
・導入2ヶ月で「年間700万円分コスト減」(株式会社食文化様ご登壇)
・項目が多い受発注業務(納品書等)の自動化で業務工数の約92%を削減!
・FAX帳票による発注書類のデータ入力時間を50%以下に削減

売上UPと業務改善を同時に実現する『受発注業務の効率化』には、日本企業にあったDX(日本型DX)を進めることが肝要です。

本セミナーでは、そうしたDXについての考え方や進め方などを事例をもとにわかりやすくご紹介します。

【セミナー概要】
・売上UPと業務効率化を『同時に』進めることが重要な理由
・日本企業にあったDX(日本型DX)とは?
・難しいと思われがちな受発注業務の効率化手順
・業務効率化/コスト削減だけではない!その先にある「攻めの戦略」
・業務効率化を実現したRPAとはどのようなものなのか?
・株式会社食文化様による事例紹介


(第1回開催日時)
2021年10月21日(木)14:00~15:00(受付開始13:50)
※本セミナーは、Zoomウェビナーを利用したオンラインセミナー形式で開催します。※第2回の開催は2021年11月18日(木)を予定。
お申込みURL https://future-coms.lmsg.jp/v2/seminar/24903/yeOYewxi



業務提携の背景~RPAツールの導入だけで終わってはもったいない!日本型DX実現に向けて~

RPA導入は、単に「業務効率化/コスト削減」という直接的な効果だけではありません。効率化によって働く社員の「モチベーション向上」「離職率減」など組織風土の改善しながら、最終的には「余力によって何が生み出されてくるのか?」という攻めの戦略に転じることができるのです。

多くの企業様がお悩みの受発注業務に、現場スタッフが自分自身で業務自動化に取り組めるRPAロボパットDXを導入することで、スタッフ自らが多くの時間の創出に成功。新たな戦略を考える余力を生み出すことができました。

受発注業務を自動化するにあたり、業務整理から各種ツールの導入、内製化支援やBPOまでワンストップで対応可能な株式会社フューチャー・コミュニケーションズと特長を活かし合うことで、日本型DXをより一層推進することができるとの思いから、今回セミナーを共催することになりました。


株式会社フューチャー・コミュニケーションズが提供するSuper DX-BPO サービスのご紹介

Super DX-BPOサービスは、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進をワンストップで支援!

・人材派遣
・コールセンター(チャットセンター)
・BPO(アウトソース)

を3本柱とし、現在はDX促進のサービスをメインに、ツール/システムの選定・最適なサービスをコーディネイトしています。

業種・業態を問わず運用に特化しDX推進を強力に支援しています。

【株式会社フューチャー・コミュニケーションズ】
URL: https://future-coms.com/

「RPAロボパットDX」とは

情報システム部門に頼らず、現場部門が自分でPC業務を自動化できるRPA

URL: https://fce-pat.co.jp/
情報システム部門に頼らず現場部門で「自分で自分の業務を自動化できる」という点に加え、

・プログラミング知識なしで作れるため、現場部門での作成・運用が可能
・アプリケーションを問わない
・初期費用、年間縛りがないため、月単位での契約可能
といった点が業種問わず多くの企業様にご評価いただいています。

2021年9月時点で1600ライセンスの導入を実現しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング