本田技研工業が、タレントマネジメントシステム「カオナビ」を導入

PR TIMES / 2021年2月25日 15時45分

人材データを有効活用し、組織的な人材育成を実現

社員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステム「カオナビ」を提供する株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 柳橋 仁機、以下「当社」)は、本田技研工業株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 八郷 隆弘、以下「同社」)が、同社の四輪品質関連部門において、「カオナビ」を導入し運用を開始しましたことをお知らせいたします。

■導入の背景と今後
あらゆる分野のモビリティを開発し、世界中のお客様へ提供している同社は、「人間は本来、夢や希望を抱いてその実現のために思考し、創造する自由で個性的な存在である」と考え、一人ひとりが活き活きと能力を発揮し活躍や成長できる環境をつくることに全力を注がれています。同社の四輪品質関連部門では、これまで多くの人材データをエクセルやアクセスで管理してきましたが、人事デジタルサポートチームと連携し、データのより有効な活用および人材管理の高効率化を図り、組織的な人事戦略に活かしていくために「カオナビ」の導入を決定いただきました。
今後は、部門固有の研修履歴や専門性スキルなどの人材データを「カオナビ」で一元管理し、集まったデータを元に、人材育成や配置、優秀社員の発掘、職場環境の分析などに活用したいという同社におけるタレントマネジメントの取り組みを、当社が最大限に支援していきたいと考えています。

■本田技研工業株式会社 四輪品質関連部門 人材管理担当者コメント
変革の時代に、社会とともに成長し、進化し続けるHondaでありつづけるためには、それを支える人材育成は最重要課題です。「カオナビ」を導入・活用させていただくことで、人材管理の一元化、可視化、高効率化を図り、「既存事業の盤石化」と「将来の成長に向けた仕込み」を実現させ、全てのお客様に最高の品質をお届けすることを目指してまいります。

■タレントマネジメントシステム「カオナビ」とは
「カオナビ」は、社員の個性・才能を発掘し戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった戦略的なタレントマネジメント業務の実現を支援。あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現するHRテクノロジーとして、業種・業態を問わず1,900※社以上の経営者や現場のマネジメント層に選ばれています。(会社HP: https://corp.kaonavi.jp/
※2020年9月末日現在

<本プレスリリースに関しまして>
・ 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
・ プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格や仕様その他の情報は、発表時点の情報です。予告なく変更する場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング