2013年・新社会人調査『フレッシュマンのライフスタイル』

PR TIMES / 2013年6月11日 13時12分

通勤時間の過ごし方は、音楽をきいたりぼんやり考え事
ランチ代の平均予算はワンコイン以下、41.5%が自宅から弁当持参
財布の中身は現金5千円~1万円とクレジットカード1枚
初任給の使い道トップ2は、「家族へのプレゼントやご馳走」と「貯金」。女性のトップは「貯金」




株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)は、2013年・新社会人調査『フレッシュマンのライフスタイル』を実施しました。本調査は、2013年5月14日~17日、インテージ・ネットモニター “キューモニター”のうち、今年新社会人になった全国のフレッシュマン男女400名を対象に、ライフスタイルに関するインターネット調査を行ない、結果をまとめました。

---------------------------------
調査結果のポイント
---------------------------------

1. 約4割が通勤時間は「30分未満」
自宅から勤務先までの通勤時間は、「30分未満」が最も多く41.5%。次いで「1時間未満」(37.0%)、「1時間半未満」(16.8%)となった。
(単数回答)

2. 通勤時間の過ごし方は、音楽をきいたりぼんやり考え事
通勤時間の過ごし方で最も多いのは「音楽をきいている」で48.3%。次いで「ぼんやりしている・考え事をしている」(38.5%)、「SNSを利用している」(28.5%)、「寝ている」(23.3%)、「メールやチャットをしている」(22.0%)の順となった。
(複数回答)

3. フレッシュマンの財布の中身は、現金5千円~1万円とクレジットカード1枚
出勤時の財布の中身を聞いたところ、現金は「5,000円以下」が最も多く29.5%、次いで「10,000円以下」(25.3%)、「20,000円以下」(18.5%)、「3,000円以下」(16.0%)となった。また、クレジットカードの所持枚数は「1枚」(35.8%)が最多、次いで「0枚」(26.0%)、「2枚」(24.3%)となった。
 (単数回答)

4. ランチは41.5%が自宅から弁当持参
ランチは「自宅から弁当を持参する」が最多で41.5%。次いで、「市販で購入する」(22.3%)、「社員食堂を利用する」(21.8%)となった。
男女別で見ると、男性は「社員食堂を利用する」(31.0%)が最多だが、「自宅から弁当を持参する」と「市販で購入する」もそれぞれ24.5%と分散傾向。女性は「自宅から弁当を持参する」が圧倒的に多く58.5%。
(単数回答)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング