Windows XP、Windows Server 2003 などのサポート 終了OS 向けリスク低減ソリューションを販売開始

PR TIMES / 2014年2月26日 16時42分

“ロックダウン”でクライアント端末やサーバーを未知のセキュリティ 脅威から守る。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、サポート終了OS 向けリスク低減ソリューションを2014 年2 月26 日より販売開始することをお知らせいたします。

Windows XP のサポートが2014 年4 月9 日に、Windows Server 2003 は2015 年7 月14 日に終了いたします。サポート期間中は新たに発見された脆弱性に対して、その度に修正プログラムなどが提供されておりましたが、サポート終了後はプログラムが提供されなくなるため、サポート終了OS を使い続けるとマルウェア感染や不正アクセスへのリスクが高まります。

しかし、Windows XP やWindows Server 2003 の仕様に合わせて作られた業務アプリケーションが最新OS に対応していないなどの問題により、どうしてもサポート終了OS を使い続けなければならない企業も少なくありません。この場合、インターネットから切り離して利用すればある程度のセキュリティリスクを低減できますが、USBメモリなど外部デバイス経由でのマルウェアの侵入や企業ネットワーク経由でのウイルス感染などのセキュリティリスクは依然として残ります。
こうした背景から、サイバネットではシマンテック社のホストベースのIDS(侵入検知)/IPS(侵入防止)製品「Symantec Critical System Protection」を利用したサポート終了OS 向けリスク低減ソリューションの提供を開始いたします。本ソリューションはロックダウン(※)を通じて、サポート終了OS を搭載したクライアント端末やサーバーを未知のセキュリティ脅威の侵入や不正なプロセスの実行から保護します。

※:ロックダウン:セキュリティの問題が無いと確認されたアプリケーションやファイルをリスト化し、このリストにあるアプリケーションやファイルなどの実行だけをシステムで許可する仕組み


なお、本ソリューションはサポート終了OS のセキュリティリスクをすべて低減もしくは解消することは保証しておりません。Windows XP およびWindows Server 2003 をご利用中のお客様はできるだけ速やかに最新OS へのアップグレードを行うことを推奨いたします。
サイバネットは、既に販売・取扱いしている「Windows 7 ユーザーデータ移行支援サービス」「らくらくアップグレード for Windows」などの最新OS への移行支援サービスと合わせて、今後ともお客様のクライアント端末管理とセキュリティ対策を支援してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング