モードツーとの資本提携に関するお知らせ

PR TIMES / 2014年5月15日 16時27分

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、東証一部上場:コード番号4726、以下「SBT」)は、株式会社モードツー(代表取締役社長:蓮見 智威、本社:東京都千代田区、以下「M2」)との間で、資本提携に関して合意に至りましたので、下記の通り、お知らせいたします。

1.資本提携の目的
Webアクセス解析等の分析力を基盤としたWebマーケティング支援サービスのノウハウを有するSBTと広告・販促戦略の策定・制作に強みを有するM2は、両社のノウハウを融合させることにより、Web・リアル媒体を横断的にカバーしたマーケティング支援サービスの実現をめざし、平成26年4月1日付で業務提携契約の締結を公表いたしました。
その後、顧客への共同提案や人材交流等の取り組みを推進してまいりましたが、提携関係をさらに強化して、事業展開をより一層加速させることを目的として、この度の資本提携を実施することにいたしました。

2.資本提携の内容等
(1)資本提携の内容
1. M2が第三者割当増資により普通株式4,128株を発行し、SBTがその総数を引き受けます。取得価額は 4,128万円、所有割合は33.40%となります。
2. M2がSBTを割当先として新株予約権1,912個を発行いたします。

(2)取得前後および割当前後の状況
1. 普通株式の取得
i)異動前の所有株式数 0株 (所有割合 0.00%、議決権の数 0 個)
ii)取得株式数 4,128株 (取得価額 4,128万円、議決権の数 4,128個)
iii)異動後の所有株式数 4,128株 (所有割合 33.40%、議決権の数 4,128個)

2. 新株予約権の割当
i)異動前の所有新株予約権0個
ii)割当新株予約権1,912個 (取得価額 12万円、議決権の数 1,912 個)
※なお、新株予約権の取得価格の検討に際し、当社および対象会社から独立した第三者機関から対象会社の新株予約権価値の評価を取得しております。


▼本件について詳しくは以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.softbanktech.co.jp/corp/news/press/2014/041/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング