株式会社 ウ テ ナ協賛 小林 研一郎指揮「日本フィルハーモニー交響楽団 第377回名曲コンサート」

PR TIMES / 2018年8月7日 11時1分

2018年10月21日(日) サントリーホールにて開催



株式会社 ウ テ ナ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:青﨑正紀、創立:1927年)は、2018年10月21日(日)に開催される、小林 研一郎指揮「日本フィルハーモニー交響楽団 第377回名曲コンサート」に冠協賛いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18106/94/resize/d18106-94-575217-0.jpg ]


 当社は、芸術文化支援、社会貢献活動の一環として、オーケストラを通した音楽の魅力と楽しさを伝える活動に賛同し、2008年より日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートに毎年協賛しており、今年で10回目となります。


■コンサート概要
[ウテナ クラシック・スペシャル]
日本フィルハーモニー交響楽団
第377回名曲コンサート
【日時】
 2018年10月21日(日)
 14:00開演(13:20 ロビー開場)
【会場】
 サントリーホール
(〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目13-1)
【出演】
 指揮:小林 研一郎[桂冠名誉指揮者]
 ピアノ:藤田 真央

【プログラム】
 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 op.73《皇帝》
 チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 op.64


[画像2: https://prtimes.jp/i/18106/94/resize/d18106-94-209735-1.jpg ]

■小林 研一郎プロフィール
 1974年第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞を受賞。 "アテネ"、"ルツェルン・フェスティヴァル"等、多くの音楽祭への出演やヨーロッパの一流オーケストラを指揮。2002年には「プラハの春音楽祭」オープニングコンサートで東洋人として初めて指揮をした。
 現在、日本フィル桂冠名誉指揮者、ハンガリー国立フィルおよび名古屋フィルの桂冠指揮者、読売日響の特別客演指揮者、九響の名誉客演指揮者、東京文化会館音楽監督、東京藝術大学、東京音楽大学およびリスト音楽院名誉教授などを務める。
公式ホームページ: http://www.it-japan.co.jp/kobaken/index2.htm


[画像3: https://prtimes.jp/i/18106/94/resize/d18106-94-791292-2.jpg ]

■藤田 真央プロフィール
  1998年東京都生まれ。3歳からピアノを始める。 2017年、東京音楽大学1年在学中に、第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝。併せて「青年批評家賞」「聴衆賞」「現代曲賞」の特別賞を受賞し、一躍世界の注目を浴びる。 幼少のころから国内外での受賞を重ねると同時に、2013年に初めてのリサイタルを開催。以降、国内はもとより、各地でリサイタル、オーケストラとの共演を行なっている。CDはナクソス・ジャパンからリリース。現在、特別特待奨学生として東京音楽大学1年ピアノ演奏家コース・エクセレンスに在学し研鑽を積んでいる。平成29年度公益財団法人青山財団奨学生。
公式ホームページ: https://www.maofujita.com/


■日本フィルハーモニー交響楽団プロフィール
 1956年に故渡邉曉雄を中心に創立。60年を超える歴史と伝統を守りつつ、首席指揮者P.インキネン、桂冠指揮者兼芸術顧問A.ラザレフ、桂冠名誉指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、ミュージック・パートナー西本智実という充実した指揮者陣を中心に演奏会を行い、“音楽を通して文化を発信”している。
 2011年4月よりボランティア活動「被災地に音楽を」を開始。2018年5月末までに236公演を数え、現在も継続している。
公式ホームページ  http://www.japanphil.or.jp/


[画像4: https://prtimes.jp/i/18106/94/resize/d18106-94-759375-4.jpg ]

【会社概要】
株式会社 ウ テ ナ
所在地 : 〒157-8567 東京都世田谷区南烏山1-10-22
設立  : 1927年(昭和2年) 4月
代表者 : 代表取締役社長 青﨑 正紀
事業内容: 化粧品・医薬部外品製造販売・不動産賃貸業
URL   : http://www.utena.co.jp/


■ウテナについて
 株式会社 ウ テ ナは1927年の創立から「真心を持って、社会に貢献し、人々の満足を喜びとする」を企業理念とし、社名の由来である花の萼(がく)のように「すべての人の美しさを支えたい」という想いで化粧品を開発してきました。昨年、90周年を機に制定したコーポレートスローガン「咲かせよう、まだないキレイを。」には、お客様も気づいていない視点や発想で、新しいキレイを生み出していくことを目指し、真心を込めて商品をお届けするウテナの決意が込められています。これからも人間本来の美しさを追求した身近な生活品「Human care商品」を提案してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング