和室にも洋室にも合う季節の花飾り『花のちりめん細工とつるし飾り』発売

PR TIMES / 2021年1月19日 14時15分

タンスの隅に眠っている小さな布で生活に彩りを添える手作りを楽しみませんか?

株式会社日本文芸社(東京都江東区)は、『花のちりめん細工とつるし飾り』(矢島佳津美 著)を2021年1月16日(土)に全国の書店・オンライン書店等で発売しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-526208-0.jpg ]

季節を問わず楽しめる花のちりめん細工とつるし飾りの本です。

従来の伝統的なモチーフだけでなく、本書で紹介するモチーフはすべて「花」。ちりめん細工ではあまり見かけない種類の花を使った、つるし飾りも、和室だけでなく洋室にも似合うデザインを提案します。よりリアルな仕上がりで、見た目にも華やかな作品ばかり。

ちりめん細工を始める際に必要な材料や道具、基本的な縫い方、ひもの結び方などを写真で紹介。やわらかいちりめんを使って小さなパーツをきれいに仕上げるポイントを丁寧に解説します。縫い物が苦手な方でもトライできるように作り方をパターン化。よりたくさんの作品作りを楽しむことができるでしょう。モチーフの実物大型紙も収録していますので、お役立てください。


[画像2: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-925623-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-720009-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-904481-5.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-695535-2.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-869315-4.jpg ]



本書掲載の作品


●桜と総角結びのつるし飾り
●花水木の飾り
●藤とあわじ結びの輪飾り
●牡丹のつるし飾り
●紫陽花のつるし飾り
●百合のガーランド
●クレマチスの飾り
●朝顔の飾り
●ハイビスカスと槿のつるし飾り
●蓮の飾り
●大菊と総角結びの飾り
●秋の草花かご盆飾り
●紅白椿のつるし飾り
●椿のくす玉
●ポインセチアのリース
●南天のしめ縄飾り
●すいせんのつるし飾り
以上、計17点



著者プロフィール

矢島佳津美(やじま・かづみ)
「和工房かぐら」主宰、古布の店「鎌倉かぐら」店主。
首都圏のカルチャー教室などを中心に、新宿、横浜、自由が丘、川越などで古布ちりめんの細工物やつるし飾りを指導する「つるし飾り教室」を開催するほか、「ちりめんで作るはじめてのつるし飾り(ブティック社)」はじめ、出版物も多数。2007年、伊豆稲取「雛のつるし飾りまつり」第1回コンテストでクリエイティブ賞受賞。2013年には同第7回コンテストでグランプリ受賞。


書誌情報

書名:花のちりめん細工とつるし飾り
著者:矢島佳津美
定価:本体1,800円+税
判型:B5変型判
頁数:128P
ISBN:978-4-537-21863-3
発売日:2021年1月16日
https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b555603.html
*電子書籍もございます



書籍の購入について

全国の書店・オンライン書店等で購入いただけます
<amazon> https://www.amazon.co.jp/dp/4537218630/
<楽天> https://books.rakuten.co.jp/rb/16509643/


日本文芸社について

日本文芸社は、出版やデジタル配信で「人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝くようにする」コンテンツ創造カンパニーとして社会に貢献することを理念に掲げています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/41489/94/resize/d41489-94-654533-6.jpg ]


【会社概要】
代表者:代表取締役社長 吉田芳史
所在地:〒135-0001 東京都江東区毛利2-10-18 OCMビル
設 立:1959年1月
資本金:467百万円
従業員数:67名(2019年3月31日現在)
コーポレートサイト: https://www.nihonbungeisha.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング