エクサ、オムニチャネル・コマース・プラットフォーム「hybris Commerce Suite」をLIXIL様に導入

PR TIMES / 2014年8月5日 10時18分

~中期経営ビジョンの達成に向けたグローバル商品情報管理基盤の実現~



2014年8月5日
株式会社エクサ

株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市幸区、代表取締役社長執行役員:塚本 明人、
以下 エクサ)の提供するオムニチャネル・コマース・プラットフォーム
「hybris Commerce Suite」(開発元:独ハイブリスソフトウェア)が、株式会社
LIXIL(以下 LIXIL)様に採用されました。

LIXIL様は、「住生活産業におけるグローバルリーダーを目指す」というLIXIL
グループの中期経営ビジョンの実現に向けて“世界企業化” “事業革新”
“構造改革”施策を推進する中、『One LIXIL』の総合力を発揮するためのIT
刷新の一環として、「hybris Commerce Suite」を中核とした将来の展開を見据
えたエクサの提案を高く評価いただきました。

■「hybris Commerce Suite」の特長
「hybris Commerce Suite」は、複合化するチャネル、増大する情報量、多様化
するビジネス要件など、グローバル型ビジネスに求められる柔軟性や拡張性を単
一プラットフォームで実現する商品情報管理基盤を提供します。

また、商品紹介サイトや、コールセンター、モバイル、店舗などあらゆるチャネ
ルに対し商品や顧客、注文、在庫のさまざまなデータを透過的に提供するととも
に、オーダー管理などの業務プロセスや、販売プロモーションなどに用いられる
複雑なロジックを一元的に制御することで、顧客体験をシームレスかつ横断的に
提供できる「オムニチャネル・コマース」が実現できます。
※エクサは、ハイブリスジャパン株式会社の代理店として「hybris Commerce
Suite」を提供しています。

■今後の展望
エクサは、2002年よりWebサイト構築、EC・コーポレートサイト構築、検索シス
テム構築のビジネスを展開、60社を超える豊富な導入実績があります。また、顧
客及び企業と顧客との接点(チャネル)の多様化に対応し、「個客」に関するあ
らゆるデータをお客様の販売・マーケティング活動に活かすことで、お客様ビジ
ネスに貢献することをビジョンとしたスマートプレイス・ソリューションを展開
しています。
エクサは、「個客」やチャネルの変化に対応できる「オムニチャネル・コマー
ス」を実現するために、グローバルコマースとPIMのデファクト・スタンダード
として実績が豊富な「hybris Commerce Suite」をベースとしたサービスをご提
供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング