百貨店向けエレガンスブランド「エッシュ」コンサバスタイルを好む50歳代以上の大人の女性から支持

PR TIMES / 2012年6月28日 13時40分



株式会社ワールドが百貨店で展開するミセス向けエレガンスブランド「エッシュ」では、程よいトレンド感を取り入れたプルオーバーやカーディガン、チュニックなどの単品アイテムを軸とした安心感のある“ちょっとしたお出かけ着・仕事着”として、コンサバスタイルを好む50歳代以上の大人の女性から支持されています。
2012年春夏は、「リファインド・フェミニン」をテーマに洗練された上品な女らしさを提案しています。今春は、気温の変化が激しい季節の変わり目に使える羽織アイテムとしてバリエーションを広げたカーディガンや5月の「母の日」ギフトニーズが牽引し、4~5月の売上は既存店前年比 109.5%と好調に推移しました。
本格的な盛夏に向けては、流行の麻やソフトで軽い綿など天然素材に加え、暑い夏を涼しく過ごして頂けるクール素材やイージーケア性に優れた素材で、パンツをメインアイテムに、ジャージプルオーバーやシャツ、羽織のカーディガンなどとコーディネートして上品ですっきり着られるスタイルを提案します。

【好調要因】

◇ミセスのニーズを掴んだ程よいトレンド感
「安心感のあるスタイルが好きだけれど、老けて見られるのは嫌」という50歳代からのミセスのニーズを掴み、シンプルなデザインのベーシックアイテムに、生地や柄、色、ディテールで“程よいトレンド感”を加え、通勤や買い物、旅行などのちょっとしたお出かけ着として気回しの幅が広がる商品を提案。

◇体型カバーとイージーケア
“二の腕”や“ヒップ”“太もも”などミセスが気になる体型の悩みを熟知し、すっきりときれいに見せるパターンメイキングを展開。サイズは9号・11号をメインに、一部商品は13号までを展開。パンツでは5号、7号の小さいサイズも。
また、肌触りがよく、ストレッチがきいた着心地のよい素材を採用。春夏はほぼ全て、秋冬ではコートやジャケットなどの重衣料を除き、ほぼ100%家庭で洗濯できる商品を揃え、イージーケア性に優れている。

◇店頭の声を反映した商品開発とスタイル提案
月次で販売スタッフと企画担当との検討会を行い、お客様の声を活かした商品開発を強化。この春も、店頭の声で開発した、シワになりにくいジャージーシャツやモノトーンで上品なプリント柄チュニックなどが売れ筋に。更にストールやベルト、ネックレスなどの服飾雑貨を加えることで、ワンランク上のコンサバスタイルを提案。

【盛夏に向けての打ち出し商品】

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング