アルテラの 120G/150G Interlaken IP、ブロケード社のマルチテラビット・コア・ルータに採用

PR TIMES / 2014年2月25日 10時24分

Interlaken IPを実装したアルテラ Stratix V FPGA、ブロケード社のライン・モジュールに、クラウドに最適化されたネットワークをスケーリングする柔軟性を提供 

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間2月24日 (日本時間:2月25日)、同社のInterlaken IPコアが、データセンターで使用されるBrocade(R) MLX(R)シリーズ・マルチテラビット・コア・ルータの量産製品に承認・採用されたことを発表しました。

Stratix(R) V FPGAに実装されるInterlaken IPコアにより、ブロケード社のルータはクラウドに最適化されたネットワークを迅速かつ効率的に拡張できるようになります。クラウドに最適化されたネットワークの拡張にアルテラのFPGAとIPを活用することで、企業は大量のネットワーク・データを管理し、実際の結果に基づいて意思決定をリアルタイムに行えるようになります。

100Gbps以上のチップ間パケット転送を実現するアルテラのStratix V FPGAベースのInterlakenソリューションにより、OEM企業は毎日生成される2.5エクサバイト近くのデータを移動させることが可能となります。Interlaken IPは、MAC、PCS、および PMAレイヤーを含む完全な統合ソリューションです。ブロケード社のStratix V FPGAベース・テラビット・ルーター・ソリューションは、ビジネスの意思決定者に以下の機能を提供します。

l 高集積100/40/10ギガビット・イーサネット(GbE)ルーティング、およびSDN(Software Defined Networking)向けの真のハイブリッド・ポート・モードにおけるOpenFlowサポートを提供し、ダイナミックなトラフィック傾向やビジネスのニーズに対応する柔軟性に優れたフロー管理が可能となります。

l インターネット・バックボーンやサービス・プロバイダのコアに最適な10/100GbEワイヤスピード転送レートを提供するとともに、高い拡張性を備えたIPv4/IPv6ルーティング、および先進的なMPLS機能を提供します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング