イラク:人生を取り戻す心理ケア・プログラム

PR TIMES / 2013年4月30日 14時24分

イラクでは、数十年にわたる紛争、政情不安、社会的変動により、精神的ストレスや心の不調にさいなまれ、心理ケアを必要とする人が多い。国境なき医師団(MSF)は、恒常的な暴力が人びとに及ぼした影響を記録し、同国保健省と協力して行った心理カウンセリング活動の進展について記した報告書を発行し、イラクでの心理ケア提供における課題と将来に向けた提言をまとめた。

報告書『イラクで人びとを癒す:心理ケア提供における課題(英文)』は、こちらからダウンロードできます。http://www.msf.or.jp/info/pressreport/pdf/201304_iraq.pdf

________________________________________

精神保健医療の拡大を

イラクにおける精神保健医療の普及拡大は急務だ。MSFは、国内各地の既存の医療施設にカウンセリング機能を導入し、精神保健医療の質向上と普及を後押しようと、保健省と協力機関に呼び掛けている。

また、心の問題に関する偏見を解消し、人びとが自発的にカウンセリングに訪れるよう、さらに対策を講じていく必要にも言及している。

2009年以来、MSFはイラク保健省と連携し、年齢や性別を問わず、心理ケア・カウンセリングを提供してきた。暴力や動乱を体験した人びとに共通する不安障害や抑うつ障害に、薬物療法以外のアプローチで対応することが、MSFの活動プログラムの重点だ。

イラクにおけるMSFの活動責任者、ヘレン・オニールは、「数十年の紛争と情勢不安で荒廃したイラクには、極限状態に追いやられた人が大勢います。その体験から精神的に消耗し、気持ちの整理のつかない人も多いのです。そして、心の問題のタブー視や、頼りになる精神保健医療が少ないことから、孤独感と絶望感が助長されるのです」と訴える。

心理ケア・カウンセリング

MSFと保健省は、この4年間でバグダッド市内の2病院およびファルージャの1病院に心理ケア・カウンセリングを導入。この3病院で提供されるケアを、他の保健医療施設でも実践可能なモデルとして活用する計画もあり、保健省は、クート、カルバラ、スレイマニヤの各病院で当該部門を新設した。MSFはさらに、特に女性と子どもによる利用拡大のため、イラクの保健医療体制が心理ケア・カウンセリングを地域レベルの1次医療へ組み込むことを提唱している。

2012年中にMSFと保健省が収集したイラクの患者データによると、カウンセリングのために医療施設を訪れた人の97%が、初診時に臨床的に有意な心理症状を訴えている。この数値は、最後の来院時には29%まで低下した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング