【プレスリリース】フィリピン台風 穂積智夫代表、今日(15日)、タクロバンに 根本緊急支援専門官はミンダナオ島サンボアンガへ

PR TIMES / 2013年11月15日 17時11分

ユニセフ・フィリピン事務所の穂積智夫代表は、本日(15日)、最も甚大な被害がでている地域の
ひとつであるレイテ島タクロバンに入ります。タクロバンでは、発災直後から、ユニセフの職員
たちが、自身の食事や飲料水も満足に確保できない状況の中、非常に困難な状況で支援活動を
行っています。



※本プレスリリースはユニセフ本部ならびにフィリピン事務所からの情報を元に日本ユニセフ協会で
まとめたものです。

ユニセフ・フィリピン事務所の穂積智夫代表は、本日(15日)、最も甚大な被害がでている地域の
ひとつであるレイテ島タクロバンに入ります。タクロバンでは、発災直後から、ユニセフの職員
たちが、自身の食事や飲料水も満足に確保できない状況の中、非常に困難な状況で支援活動を
行っています。


一方、フィリピンはじめ東アジア・太平洋諸国のユニセフの活動をサポートする地域事務所(バンコク)
から応援派遣されている根本巳欧緊急支援専門官も、週明けにミンダナオ島サンボアンガ※に入り、
ユニセフの支援活動を統括する予定です。 ※サンボアンガは、台風30号による直接の被害は
免れていますが、今年9月に発生した武力衝突による緊急事態が未だに尾を引き、今回の台風被害の
陰で“忘れられている”地域です。ユニセフ・フィリピン事務所は、この他にも、10月15日に
中部ボホール州を襲ったマグニチュード7.2の大地震被災地への緊急支援活動にも対応しています。 


      


                    

                      ***

穂積代表や根本専門官へのご取材をご希望の方は、以下まで直接お問い合わせ・お申込みください。

Zafrin Chowdhury, ユニセフ・フィリピン事務所 
Tel:+632 901 01 77, Mobile: +63 917 867 8366, Eメール:zafrinchowdhury@gmail.com

Chris de Bono, ユニセフ東アジア・太平洋地域事務所広報官(在マニラ)
Mobile:+63 929 768 2367, Eメール:cdebono@unicef.org

Marge Francia, ユニセフ・フィリピン事務所
Tel: +632 901 01 73, Mobile: +62 917 858 9447, Eメール:mfrancia@unicef.org

Kate Donovan, ユニセフ本部(ニューヨーク)
Tel +1 212 326 7452, Mobile +1 917 378 2128, Eメール:kdonovan@unicef.org

Sarah Crowe, ユニセフ本部(ニューヨーク)
Mobile: + 1 646 209 1590, Eメール:scrowe@unicef.org

Marixie Mercado, ユニセフ本部(ジュネーブ)
Mobile 4179 756 7703, Eメール:mmercado@unicef.org


                      ***

                 募金告知ご協力のお願い

募金告知にご協力いただき、ありがとうございます。引き続きみなさまのご理解・ご協力のほど、
何卒よろしくお願いいたします。


ユニセフ「フィリピン台風緊急募金」

■郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
※通信欄に「フィリピン台風」と明記願います。
※窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

■三井住友銀行募金口座
支店名: 三井住友銀行東京公務部 
口座番号:普通預金 162609
口座名: 日本ユニセフ協会 緊急募金口2  
   ※期間:2013年11月13日(水)~ 2014年2月28日(金)
   ※コンビニATMや他行からの振込み手数料等については対象外となります。

■募金に関する一般お問い合わせ
フリーダイアル 0120-88-1052(平日9時~18時)

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
(公財)日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036 jcuinfo@unicef.or.jp 

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、世界の子どもたちの命と健やかな成長を守るために
活動する国連機関です。現在、150以上の国と地域で活動しています。ユニセフは、子どもの
権利を守る主要な機関として、保健、教育、栄養、水と衛生、保護、緊急支援などの支援活動を
実施しています。活動資金は、すべて個人や企業・団体・各国政府からの任意拠出金で
まかなわれています。(www.unicef.org)

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、
日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、
政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング