【蔦屋書店】店舗の空間をイメージしてつくったクラフトビールなど、オリジナル食品ブランド[TAG FOODS]のご案内

PR TIMES / 2018年4月5日 12時1分



[画像1: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-325622-2.jpg ]

詳細はこちら  https://store.tsite.jp/feature/54.html

この度、蔦屋書店では、オリジナル食品ブランド[TAG FOODS]を展開します。

[TAG FOODS]では、日本各地から厳選した、「これはおいしい」「これは伝えたい」と思った素材を使って尊敬する作り手と共につくります。

できるだけシンプルなまま食べてもらいたいので、余計なものを極力加えていません。それがわかるように説明した、タグ(TAG)を表に持ってきていて、文字が少し多めです。これが、ネーミングの由来です。

[TAG FOODS]の第1弾として、蔦屋書店の空間をイメージした「クラフトビール」を、第2弾として、蔦屋書店の出店地域の名産をフレーバにした「煎餅」をつくりました。いずれも蔦屋書店限定で販売します。
*一部の蔦屋書店では販売していません。



商品紹介


TAG FOODS 01クラフトビール セッションIPA
[画像2: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-437958-3.jpg ]

お米を使った蔦屋書店のオリジナルビール。
新潟のビールメーカー胎内高原ビールの醸造責任者が、蔦屋書店の印象をビールで表現しました。

ビールのスタイルは、蔦屋書店の「ライフスタイル提案」にも通じる個性的な “セッションIPA”を採用。
新潟産コシヒカリが生むすっきりとした後味で「端正な空間構成」を、そして、通常の3倍使用するリラックス効果の高いホップで「居心地の良さ」を醸し出しています。常温保存も可能です。

アルコール度を抑え、読書しながらでも楽しめるプレミアムビール。いくつものストーリーが味わえます。

価格:640円/税抜
アルコール分:5%
IBU値(苦味度):51.8
容量:330ml
原材料:新潟産コシヒカリ、麦芽、ホップ(モザイク100%)
賞味期限:10ヶ月(常温保存可)

TAG FOODS 02 煎餅
[画像3: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-707835-4.jpg ]

蔦屋書店が出店するエリアの名産を味にした煎餅を、東京の富士見堂と一緒に作りました。

味は4種類。
東京:味噌ざらめ煎餅
神奈川:しらす魚醤揚げ
京都:七味ラー油煎餅
広島:牡蠣レモン煎餅

価格:各460円/税抜

味噌ざらめ煎餅
[画像4: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-357362-5.jpg ]

味噌ざらめ煎餅は東京の江戸甘みそを使用。
お米や素材にこだわり、余計なものを極力加えないことで、身体に優しく、素材の味を堪能できる煎餅です。

原材料:うるち米(国産)、味噌、砂糖、チキンエキス、発酵調味料
内容量:10枚

しらす魚醤揚げ
[画像5: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-753916-6.jpg ]

しらす魚醤揚げは神奈川の鵠沼魚醤を使用。

原材料:もち米(国産)、植物油(米サラダ油)、醤油(小麦、大豆を含む)、しらす、イワシ、食塩
内容量:55g

七味ラー油煎餅
[画像6: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-645741-7.jpg ]

七味ラー油煎餅は京都山田製油のごまらぁ油を使用。

原材料:うるち米(国産)、ラー油、胡麻油、七味唐辛子(胡麻を含む)、山椒、食塩、干椎茸、昆布、干帆立貝
内容量:50g

牡蠣レモン煎餅
[画像7: https://prtimes.jp/i/9848/95/resize/d9848-95-348281-8.jpg ]

牡蠣レモン煎餅は広島漁連のオイスターソースと無人島レモンを使用。

原材料:うるち米(国産)、醤油(小麦、大豆を含む)、砂糖、れもん、かき煮汁、食塩
内容量:50g



展開店舗


TAG FOODS 01クラフトビール セッションIPA
銀座 蔦屋書店、中目黒 蔦屋書店、代官山 蔦屋書店、湘南蔦屋書店、枚方 蔦屋書店

TAG FOODS 02 煎餅
銀座 蔦屋書店、代官山 蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電、湘南 蔦屋書店、浦和 蔦屋書店、枚方 蔦屋書店

オンラインショップ
https://store.tsite.jp/feature/54.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング