アルテラ、次世代データセンターの開発に向けて、IBM OpenPOWER Foundationに参加

PR TIMES / 2014年3月25日 17時5分

・OpenPOWER所属メンバー企業と協力し、IBM POWERアーキテクチャを利用したFPGAベース・コンピュータ・ソリューションを提供

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間3月24日 (日本時間:3月25日)、IBMのPOWERマイクロプロセッサ・アーキテクチャを利用したオープンなアライアンスである「IBM OpenPOWER Foundation」に参加することを発表しました。

アルテラは、IBMおよびその他のOpenPOWER Foundationの参加企業と協力して、次世代データセンターでの使用を目的とした、IBM POWER CPUとアルテラのFPGAベース・アクセレレーション技術を統合した高性能コンピュータ・ソリューションを開発してまいります。

FPGAは、POWERユーザーに、非常に高い性能を低消費電力で実現することで、システム設計者の運用コスト削減に貢献するコア・コンピュータ・コンプレックス内のコンフィギュレーション可能なハードウェア・アクセレレータを提供します。すでに、IBMとアルテラはPOWER8プロセッサおよびアルテラのStratix(R) V FPGA間のコヒーレント・インタフェースの開発で協業しています。両社の協業により、アルテラのArria 10およびStratix 10 FPGA & SoCの高い性能を、次世代POWERベース・システムに活用できるロードマップが開発者に提示されたことになります。開発者は、アルテラのOpenCL用SDKを利用して、高性能コンピュータ・ソリューションとして、IBM Power CPUをアルテラのFPGAに統合することができます。

アルテラの防衛、産業、コンピューティング機器部門担当シニア・バイスプレジデントのジェフ・ウォーターズ(Jeff Waters)は、「OpenPOWER Foundationは、次世代のビッグデータやクラウド・コンピューティング・アプリケーションの能力を高める拡張されたオープンな技術群を開発者に提供することで、技術革新を促進します。IBMおよびその他のOpenPower Foundationメンバー企業との協業により、当社は広範な高性能コンピュータ・アプリケーションにおけるFPGAの利用を普及させることが可能になります」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング