居酒屋チェーン養老乃瀧 『熱中症予防 声かけプロジェクト』ひと涼みアワード 「グッドプラクティス賞」受賞

PR TIMES / 2012年11月14日 16時35分



=====================================================
低価格、高品質が売りの居酒屋チェーン養老乃瀧
『熱中症予防 声かけプロジェクト』ひと涼みアワード
「グッドプラクティス賞」受賞
「ミスト付き扇風機」と「熱中症予防メニュー」で282団体の中から受賞
=====================================================

養老乃瀧株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:野村 幹雄)は、
熱中症を防ぐ国民運動『熱中症予防 声かけプロジェクト』
(運営:一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム)の
ひと涼みアワードにおいて、2012年夏の取り組みで
「グッドプラクティス賞」を受賞致しました。


「熱中症予防 声かけプロジェクト」とは、熱中症を防ぐために、
「ひと涼み」という日本らしい習慣を世の中に広げ、
だれもが風情のある豊かな夏を過ごせるような文化づくりを目指し発足したプロジェクトです。
今回は、エントリーされた282団体の中から、3部門37法人の取り組みが表彰されました。
その中で養老乃瀧は、夏場の暑い中、来店したお客様のために
店舗の入口に「ミスト付き扇風機」を設置、また熱中症の呼びかけと共に、
熱中症の予防に役立つ栄養素が豊富に含まれた、
身体を元気にするメニューをご提供するなど、熱中症対策として
具体的に真摯に取り組んだ点を評価頂きました。


養老乃瀧は、今後もひとりでも多くのお客様に喜んで頂けるよう、
新たなイベントや取り組みを積極的に実施して参ります。


--------------------------------------------------------------
【「熱中症予防声かけプロジェクト」概要】
--------------------------------------------------------------
企業および行政、そして国民が創造的に連帯し、「ひと涼みしよう」と声をかけ合い、
コミュニケーションの力で、熱中症による死亡者をゼロにしていこうという国民運動です。
熱中症は病気ではなく、水分をとること、部屋を涼しくすること、
休息をとること、栄養を摂ることで防げる気象災害です。
「ちょっと、ひと涼みしませんか」と声をかけあうゆとりと気遣いをもつことが、
熱中症から人の命を救うことになります。
http://www.hitosuzumi.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング