まるで“パンケーキみたい?!” シャトレーゼで発売中の “新感覚”和洋スイーツ「純生どら焼き」売り上げ好調! 販売計画の2倍、1日約4万個を完売!

PR TIMES / 2013年10月28日 12時12分



 全国約457店舗(2013年10月時点)を展開している株式会社シャトレーゼ(本社:山梨県甲府市、代表取締役:齊藤 誠)が2013年10月11日より全国で販売を開始した、北海道産の純生クリームを使用した新食感和菓子「純生どら焼き」が、発売から約5日間で総計約21万個の販売を突破いたしましたので発表します。


 2013年10月11日より店頭で販売を開始した「純生どら焼き」は、1日平均4万個を売り上げ、2013年10月11日から10月15日までの5日間で販売個数総計21万個を完売いたしました。なお販売目標は1日約2万個を想定しており、予想の2倍を越える結果となりました。

 この度、「純生クリーム」を混ぜ込むことで“ふわふわなのにしっとり”と焼き上げたどら焼き皮の独特の食感が、プレミアム感を求めるお客様のニーズとマッチしたことで、計画を上回る販売数量を完売するに至りました。店頭では、「皮がふわふわで軽く、まるでパンケーキみたい」、「さっぱりしたクリームと餡の相性がいい」、「小豆と生クリームが端っこまでたっぷり入っていて満足感がある」などの好評をいただいております。

 シャトレーゼは、今後も多くの方々に笑顔になっていただくために、皆様に愛されるお菓子・サービスをお届けして参ります。

※価格は全て税込です
<純生どら焼き>
■発売日:2013年10月11日~
■価格:105円 
■商品内容:北海道十勝産小豆を白州名水で炊き上げ“粒感”を残した自家炊き餡と、口どけのよい北海道産の「純生クリーム」を、ふんわり焼き上げたどら焼き皮ではさみました。パンケーキに近いふわふわで口どけのよいどら焼き皮に仕上げるため、どら焼き皮にも「純生クリーム」を使用しています。皮、餡子、純生クリームの3種を絶妙なバランスで仕上げました。

【「純生どら焼き」のこだわり】
▼純生クリームへのこだわり
<北海道から直送された、コクの強い新鮮な生クリームを使用しています>
牛乳のおいしさにこだわり、北海道から直送される純生クリームを使用しています。新鮮でミルク感とコク味の強い生クリームはスイーツとの相性が抜群。濃厚なのに後味がすっきりした生クリームです。加熱処理を可能な限り省くことで風味と口どけ感を最大限引き出しました。

▼餡へのこだわり
<北海道産十勝小豆を白州名水で炊き上げた、こだわりの自家製餡を使用しています>
餡に使用している小豆は、北海道十勝地方の生産者限定特別栽培の小豆です。「安心・安全」に向けて、土作り及び栽培は「減農薬」・「減化学肥料」で行なっております。そのため、小豆が病気にかからないように、また養分が土から十分に得られるように、土地を区分け約8年に1回のサイクルでそれぞれの土地で収穫しています。こうして大切に育てた小豆を、豆洗いから炊き上げまで、「名水百選」にも選ばれた南アルプスの白州名水で自家製餡しています。白州名水は口あたりがまろやかでクセがなく、餡のおいしさを引き立てるため、新鮮で風味豊かな餡に仕上がります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング