【ザ・キャピトルホテル 東急】 中国料理「星ヶ岡」 春の食彩ディナーコース

PR TIMES / 2013年2月18日 14時30分

春に旬を迎える食材が彩る本格中華を堪能!! 2013年3月4日(月)より販売開始

ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町、総支配人:但馬 英俊)では、中国料理「星ヶ岡」にて2013年3月4日(月)から2013年4月26日(金)の平日限定で、“春の食彩ディナーコース”(9品 / 13,860円)を販売いたします。



 本コースでご用意する料理は、春の暖かな陽気に芽を出す菜の花や脂がのったアイナメ、色鮮やかな桜海老などの旬の食材と、ふかひれや海老・豚肉といった中国料理にはかかせない王道の食材を組み合わせた星ヶ岡オリジナル料理です。3・4月期間限定の逸品で、春の訪れを、食を通じて感じていただきます。

 冬に産卵を終えるアイナメは、早春時期に脂がのり、身が厚くなります。その身をソテーし、春の食材のソースでお召し上がりいただきます。ソースは、ブロッコリーの食感を残すよう細かく刻み、しらす・塩と和え、食欲をそそるごま油・ニンニクの風味を加えたもので、新芽を思わせる彩りの良いソースを塩漬けにした桜の花びらとともに添えた春らしいお料理です。
星ヶ岡の伝統メニューである気仙沼産ふかひれの姿煮は、じっくりと白湯で煮込んだ滋味深い味わいで、旬を迎えたタラの芽を添えて提供いたします。ホクッとした歯応えのタラの芽のほのかな苦味が、ふかひれに染み込んだ味を引き立たせます。
 さらりと甘い脂身を持つイベリコ豚は、2種類の酢を使用した酢豚で提供いたします。アミノ酸などの旨味成分を多く含むと言われる黒酢で仕上げた酢豚は、まろやかな酸味とイベリコ豚本来の旨味が合わさったコクのある味わいをお楽しみいただけます。赤酢は特有の甘味があり、脂身の甘味と交わることで味わいに深みが増す、黒酢とは違った逸品です。酢豚に添える香りの増した旬のセリが口の中をリセットし、それぞれの味わいをご堪能いただけます。
 
 その他、あさりとカリフラワーのスープや菜の花と春鮭のチャーハンなど、この2ヶ月間でしか味わえない期間限定の料理をご用意いたしました。春を感じる和らぎのひとときをお楽しみください。

中国料理「星ヶ岡」では、季節の旬の食材を取り入れた星ヶ岡オリジナル料理を随時提供して参ります。


【春の食彩ディナーコース 概要】
場  所:2F 中国料理「星ヶ岡」

開催期間:2013年3月4日(月)~4月26日(金)の平日限定

提供時間:17:30~22:00(L.O. 21:30)


【春の食彩ディナーコース メニュー紹介】お一人様 13,860円


◇春爛漫 7つの味わい

◇気仙沼産ふかひれの姿煮

◇車海老の春捲と桜海老のお焼き黒豆ソース

◇イベリコ豚の黒酢と赤酢の酢豚 旬のセリを添えて

◇北海道産アイナメのソテー ブロッコリーとしらすのソース

◇千葉県産あさりとカリフラワーの熱々スープ

◇菜の花と春鮭のピリ辛チャーハン

◇自家製フレッシュマンゴープリン あまおう添え

◇小さなお菓子

※表示価格はサービス料・税金を含みます。
※2名様より承ります。
※メニューは天候や入荷状況により、予告なく変更になる場合がございます。


〔お客様のお問い合わせ〕
ザ・キャピトルホテル 東急 
中国料理「星ヶ岡」
Tel:03-3503-0871(星ヶ岡 直通)
E-Mail: capitol-h.starhill@tokyuhotels.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング