フリュー株式会社、「アニメ事業」に本格参入。マンガ『どーにゃつ』をアニメ化!

PR TIMES / 2013年5月17日 14時5分

メイン声優に「田村ゆかり」さんを起用、劇場ショートムービ―として上映決定!

フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗)は、「アニメ事業」へ本格参入し、アニメ製作第一弾となる作品『どーにゃつ』を、株式会社ティ・ジョイ系列の劇場にて2013年6月1日(土)より上映開始することを発表いたします。



<フリュー株式会社の「アニメ事業」本格参入について>

 フリュー株式会社は、プリントシール機をはじめとした女性向け事業や、家庭用ゲーム、クレーンゲームの景品(プライズ)など数々のライセンスを活用した事業を展開してきました。更なる事業拡大のため、新たなコンテンツを創出するプロデュース機能を拡充すべく「アニメ事業」に参入、アニメ企画・製作を開始いたします。

第一弾となるアニメ作品『どーにゃつ』を、劇場ショートムービ―として株式会社ティ・ジョイ系列の劇場にて2013年6月1日(土)より上映開始いたします。

 今後、フリューは「アニメ事業」を通して新たなコンテンツ展開を行うと共に、既存事業の収益拡大を目指し、「総合エンタテインメント企業」として成長し続けていきます。


<アニメ『どーにゃつ』概要>

 アニメの原作となっているマンガ『どーにゃつ』は、「ヤングガンガン」(毎月第1、第3金曜日発売/スクウェア・エニックス刊)で2012年1号から連載中の作品です。廃都化した東京・新宿を舞台に、ドーナッツと猫をかけあわせたような不思議な身体を持つ生命体「どーにゃつ」たちが繰り広げる愛らしく、シュールな世界観が人気を集めています。
 フリュー株式会社における製作・第一弾となるアニメ『どーにゃつ』では、作品の魅力をさらに引き立てる豪華声優キャストを起用。主人公「どーにゃつ」役を田村ゆかりさん、主人公とメインで会話を繰り広げる「ベーガル」役を藤原啓治さんが担当し、アニメでしか味わうことができない『どーにゃつ』の新しい世界を作り出しています。

 アニメ『どーにゃつ』 は、「新宿バルト9」をはじめ、株式会社ティ・ジョイ系列の全国の劇場にて上映が決定。全作品の本編上映前に、約2分間のショートムービー形式にて上映いたします。さらに、毎月最新作の上映を予定しており、新キャラクターの登場や、アニメだけのオリジナルストーリーを展開いたします。


◆アニメ『どーにゃつ』HP◆http://www.donyatsu.jp/


・【作品名】 どーにゃつ
・【上映開始日】2013年6月1日(土)より順次
・【上映場所】 新宿バルト9他、ティ・ジョイ系列の全国劇場
・【放映時間】 約2分間のショートムービー
・【原作】 コザキユースケ(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
・【監督】 まんきゅう (代表作品『ぷちます!-プチ・アイドルマスター』 『カッコカワイイ宣言!』等)
・【アニメーション制作】 ギャザリング
・【プロデューサー】 戸田和宏 安藤盛治 塩谷尚史
・【公式サイト】http://www.donyatsu.jp/
・【公式Twitter】@donyatsu_anime
・【クレジット】(C)コザキユースケ/スクウェアエニックス・どーにゃつ製作委員会

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング