「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」に特別協賛

PR TIMES / 2020年8月25日 13時15分

記念すべき第7回特別大会は御殿場コースで開催 ~2020年8月29日(土)・30(日)~

パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開する株式会社マルハン(本社:京都・東京 代表取締役社長: 韓 裕)は、2020年8月29日(土)・30日(日)に太平洋クラブ御殿場コース(静岡県御殿場市)で開催される「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」に今年も特別協賛いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19228/96/resize/d19228-96-112588-0.jpg ]


本大会はPGAシニアツアートーナメントの一つとして、当社グループ会社である株式会社太平洋クラブ主催のもと、当社の特別協賛にて毎年開催されています。記念すべき第7回大会である今大会は“日本のプロゴルファー生誕100周年”を記念して、日本が世界へ誇る国際水準のトーナメントコースである太平洋クラブ御殿場コースにて開催。賞金総額5,000万円(優勝賞金1,000万円)をかけて、シニアのトッププロ72名と予選を勝ち上がったアマチュア36名(予定)が熱戦を繰り広げます。

本戦出場予定のシニアプロには、本大会歴代優勝者であるG・マイヤー選手(2014年優勝)、崎山武志選手(2015年優勝)、秋葉真一選手(2017年優勝)をはじめ、永久シードの倉本昌弘選手、尾崎直道選手、尾崎健夫選手、井戸木鴻樹選手、そして御殿場市出身の芹澤信雄選手など、男子ツアーを彩る往年の名選手が多数出場を予定しています。なお、藤田寛之選手がPGAシニアツアーデビュー戦となるほか、谷口徹選手、手嶋多一選手といった男子ツアー出場中の顔ぶれにも優勝に期待がかかります。

なお、8月31日(月)には今日の男子プロゴルフ界を牽引してきた青木功選手、中嶋常幸選手、倉本昌弘選手による特別大会「プロゴルファー生誕100周年記念 夢の共演 Dream Charity Golf」を開催致します。

また今年は、会場内ギャラリープラザにおいて「マルハンブース」を出店いたします。


[画像2: https://prtimes.jp/i/19228/96/resize/d19228-96-677180-1.jpg ]


(マルハンブースについて)
・概 要:「マルハン ビッグピンボールチャレンジ」
・詳 細:ボールの行方で景品が決まる!当社CMでおなじみの「にゃんまるグッズ」が当たります!
・日 時:8月29日(土)~8月31日(月)各日7:00~16:00
・場 所:ギャラリープラザ
・参加費:無料(参加条件あり)

ほかにも会場では、北海道グルメフェアのほか、出場選手の愛用品が当たるチャリティ抽選会、ご家族で楽しめるチャリティパッティングチャレンジ、コーヒー豆の品質にこだわったスクロップコーヒー等の販売など、観戦以外にも楽しめるイベントも盛り沢山です。ご家族揃ってのご来場をお待ちしております。

[画像3: https://prtimes.jp/i/19228/96/resize/d19228-96-858963-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/19228/96/resize/d19228-96-704104-3.jpg ]

  (写真は昨年度大会の様子)

※本大会におきましては、新型コロナウイルスの感染対策を徹底したうえで開催いたします。

■大会概要
大会名称: 第7回マルハンカップ 太平洋クラブシニア
本  戦: 2020年8月29日(土)1stラウンド  8:00(予定)
30日(日)Finalラウンド 8:00(予定)

プロアマラウンド   : 2020年8月28日(金)8:00(予定)※入場無料
プロアマフェスティバル: 2020年8月31日(月)7:30(予定)※入場無料
プロゴルファー生誕100周年記念 夢の共演 Dream Charity Golf:2020年8月31日(月) 11:00~14:00(予定)※入場無料

開催会場: 太平洋クラブ御殿場コース(静岡県御殿場市板妻941−1)
主  催: 株式会社太平洋クラブ
特別協賛: 株式会社マルハン
主  管: 公益社団法人日本プロゴルフ協会
賞金総額: 5,000万円(優勝賞金1,000万円)

大会HP: https://www.taiheiyoclub.co.jp/2020_maruhancup/
放  映:BS-TBSにて (9月13日(日) 13︓00~14︓54 予定)


■太平洋クラブ御殿場コース
世界的名設計家リース・ジョーンズ設計×松山英樹プロ監修
日本が世界へ誇る国際水準のトーナメントコース

G.ノーマン、S.バレステロス、J.M.オラサバル、尾崎将司、松山英樹ら数々のトッププレーヤーが歴代チャンピオンに名を連ね、今もなおゴルフファンを魅了する「三井住友VISA太平洋マスターズ」。その舞台となるのが1977年の開場当時から大会を開催し続けている、名匠・加藤俊輔設計の代表作、霊峰富士の麓・御殿場コースです。

2001年11月、「WGC-EMCワールドカップ2001」の会場に選ばれ、世界24か国・総勢48名の各国を代表するスーパースターたちが御殿場コースに集結。大会最終日、D.デュバルとともに米国チームとして参戦したT.ウッズが最終18番ホールで魅せたチップイン・イーグルは、奇跡のショットとして全世界に放送され、一躍「Taiheiyo Club」の名を世界へ知らしめることとなりました。

そして2018年。2001年以来17年ぶりとなる全面改修を完工しました。設計はロバート・トレント・ジョーンズJr.を兄にもつ、世界的名設計家、“オープン・ドクター”リース・ジョーンズ。“Restoration”*を信条とし、全米オープン7コース、全米プロゴルフ選手権8コースなど220を超えるコースのリモデルを手掛けています。さらに、世界と日本のトップレベルのトーナメントコースを知り尽くす松山英樹プロに監修を依頼。2人の天才により、国際水準のトーナメントコースとして変貌を遂げました。

<主なトーナメント>
1972~ 三井住友VISA太平洋マスターズ
2001  WGC・EMC WORLD CUP
2020 マルハンカップ 太平洋クラブシニア


[画像5: https://prtimes.jp/i/19228/96/resize/d19228-96-461697-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/19228/96/resize/d19228-96-690590-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング