第15回「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施 ~世界の株式市場に対する見通しDIは上昇。投資家心理は強気を継続~

PR TIMES / 2014年12月18日 15時44分

 2014年11月下旬から12月1日にかけて第15回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)を実施しました。今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)は、すべての地域で前回調査時(2014年9月実施)よりもさらに上昇し、個人投資家の心理は強気を継続していることが分かりました。また、各地域の個人投資家に今後3ヶ月で株価が最も期待できる地域についてたずねたところ、すべての地域で前回調査時と同等かそれ以上に米国への期待が高まっていることが分かりました。



主な調査結果
1.グローバル調査結果 調査対象:日本、米国、中国(香港)の個人投資家
(1-1)世界の株式市場の見通しDIは、すべての地域で上昇。投資家心理は強気を継続
[参照:別紙レポート2ページグラフ1]

【見通しDI(日本)】 (2014年9月)26 →(2014年12月)31(前回比+5ポイント)
【見通しDI(米国)】 (2014年9月)12 →(2014年12月)33(前回比+21ポイント)
【見通しDI(中国(香港))】(2014年9月)35 →(2014年12月)52(前回比+17ポイント)

 今後3ヶ月程度の世界の株式市場に対する見通しについて、すべての地域で個人投資家の見通しDIは前回調査時(2014年9月)より上昇しており、個人投資家の心理は強気を継続していることが分かりました。なお、中国(香港)の個人投資家の見通しDIは本調査開始(2011年6月)以来、最も高い水準になりました。


(1-2)すべての地域で、前回調査時と同等かそれ以上に米国への期待が高まる
[参照:別紙レポート2~3ページグラフ2-1~2-4]

 各地域の個人投資家に今後3ヶ月で最も期待できる地域の株価についてたずねたところ、日本の個人投資家は前回調査時と同様に米国への期待が最も高くなりました。米国の個人投資家は前回調査時からわずかに低下したものの引き続き高い水準で自国への期待が高くなっています。中国(香港)の個人投資家は、継続して日本を除くアジアへの期待が強い状況が続いていますが米国への期待と大差はありません。

【日本】 米国:46.8%、欧州(英国):7.8%、アジア(日本を除く):12.6%、日本:32.8%
【米国】 米国:70.2%、欧州(英国):6.4%、アジア(日本を除く):19.1%、日本:4.3%
【中国(香港)】米国:43.6%、欧州(英国):4.5%、アジア(日本を除く):44.7 %、日本:7.2%

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング