1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

JX通信社、「3D地図」上でSNSをはじめとしたビッグデータ上の災害・事故情報を可視化する実証実験を開始

PR TIMES / 2021年8月30日 13時15分

~国土交通省の3D都市モデルオープンデータ「Project PLATEAU(プラトー)」を活用~

株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米重克洋 以下「当社」)は、当社が提供するAIビッグデータリスクセンサ「FASTALERT(ファストアラート)」がSNS上などで検知、蓄積した災害・事故・事件などのリスク情報データを、国土交通省が提供する「Project PLATEAU(プラトー)」の3D都市モデル上で可視化する実証実験を開始しました。

この実証実験を通じて、水害や震災など広域で被害が生じる大規模災害を3D都市モデルの「デジタルツイン」上に可視化し、被害をリアルタイムに分析したり、被害を事前に予測するための技術を開発する等、ビッグデータ×テクノロジーで防災・BCPに寄与する取り組みを拡大していきます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5993/97/resize/d5993-97-50af074bd59c3e88fca5-0.jpg ]

当社は「データインテリジェンスの力でより豊かで安全な社会を創る」をビジョンとして、SNSをはじめとする各種ビッグデータからリスク情報を検知・配信する「FASTALERT(ファストアラート)」や、報道価値の高いニュースをAIで速報するニュース速報アプリNewsDigest(ニュースダイジェスト) 」を主事業として展開しています。
なかでも、FASTALERTは全国各地で発生する災害・事故・事件やシステム障害などオールリスクに最速且つ最も網羅的に対応できる防災・BCP情報ツールとして、幅広い業種の企業や政府・自治体が採用するほか、一次情報を収集する取材支援ツールとして国内の大半の報道機関に導入されています。

FASTALERT(ファストアラート) - AIでリスク情報をもっと速く、簡単に
https://fastalert.jp/

近年、豪雨や台風などの大規模災害が相次いでいますが、こうした災害時、企業や自治体等においてもとりわけ初動の対応が重要になります。
SNSをはじめとしたビッグデータからリスク情報を検知・収集するFASTALERTのような取り組みは、その高いリアルタイム性から初動の対応を早められるだけでなく、警察や消防、自治体などの当局以上に網羅的にリスク事象の所在を把握することで二次災害の防止や経済損失の最小化にもつながります。
また、中長期的には、災害・事故・事件などの事象と「場所」の紐ついた情報を蓄積することで、その地域・地点における災害リスクの低減や事故防止にも活用可能です。

FASTALERT リアルタイムAPI - 発災5分以内に災害情報が手に入る
https://fastalert.jp/realtime-api

こうした、FASTALERTの独自のビッグデータリスク情報の防災分野での活用効果をより高めるべく、この度、当社では国土交通省が提供する「Project PLATEAU(プラトー)」の3D都市モデル上における、リスク情報可視化の実証実験を開始しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5993/97/resize/d5993-97-5d4ea1a0355ea87a113c-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5993/97/resize/d5993-97-4589ab8fd6a9ab8b0b7f-3.jpg ]

今後は、FASTALERTが収集するSNSやライブカメラ、衛星画像などのビッグデータリスク情報を通じて、水害や震災など広域で被害が生じる大規模災害を3D都市モデルの「デジタルツイン」上に可視化し、被害規模や影響範囲をリアルタイムに分析する取り組みを進めていきます。また、中長期的に被害リスクを最小化するための予測技術開発など、防災・BCPに寄与する取り組みを拡大していきます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/5993/97/resize/d5993-97-dddf5161cb3729e2f3b9-4.jpg ]

Project PLATEAU ウェブサイト
https://www.mlit.go.jp/plateau/

■JX通信社について
JX通信社は、報道×データインテリジェンス領域に取り組むテックベンチャーです。国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2020年2月16日より国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開し、各報道機関や研究機関にも情報を提供しています。

・JX通信社、シリーズCラウンドで約20億円の資金調達を実施
~報道×データインテリジェンスで「より豊かで安全な社会」の実現へ~
https://jxpress.net/10763/

・コーポレートサイト
https://jxpress.net/

■FASTALERT(ファストアラート)について
「FASTALERT」は、AI(人工知能)でSNSをはじめとするビッグデータから災害、事故、事件などのリスク情報を収集・配信するサービスです。2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての民放キー局とNHKで採用。各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。 現在はビッグデータリスク情報サービスシェアNo.1の業界標準として、全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察・消防・自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。
サービスサイト

https://fastalert.jp

■当社の採用情報
当社は、共にビジョンを実現する仲間を募集しております。

副業・復業として体験的に働くことで、当社のカルチャーや働き方等を知っていただいたうえで正式入社を見極めていただくことが可能な「おためし入社」制度を新たに導入するなど、応募をご検討の皆様に寄り添った採用体験提供を行っております。
募集ポジションや「おためし入社」、9/17(金)開催予定の当社開発部門とちゅらデータ株式会社による合同勉強会詳細につきましては、下記をご覧ください。

・JX通信社 採用情報ページ
https://jxpress.net/recruit/

・「おためし入社」について
https://jxpress.net/10422/

・機械学習を「いい感じ」にする技術(JX通信社 x ちゅらデータ合同勉強会)
https://churadata.connpass.com/event/222561/

・当社は「PyCon JP 2021」にゴールドスポンサーとして協賛します
>10/15(金) -16(土) 、ブース出展予定です
https://jxpress.net/10623/

PyCon JP 2021 WEBサイト
https://2021.pycon.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング