チームラボ、九州陶磁文化館(佐賀)にて、有田焼の模様がテーブルに広がるインタラクティブな空間「未来の有田焼があるカフェ」を展示。10月4日(土)~ 11月24日(月)まで

PR TIMES / 2014年10月4日 10時46分

有田焼創業400年事業 特別企画展「白き黄金-有田・伊万里・武雄・嬉野の磁器の美と技-」を、九州陶磁文化館(佐賀)にて開催。チームラボは、併催事業として、有田焼の絵柄がテーブルに広がるインタラクティブな空間「未来の有田焼があるカフェ」を展示。期間は、10月4日(土)~ 11月24日(月)まで。



有田焼創業400年事業 特別企画展「白き黄金-有田・伊万里・武雄・嬉野の磁器の美と技-」を、九州陶磁文化館(佐賀)にて開催。チームラボは、併催事業として、有田焼の絵柄がテーブルに広がるインタラクティブな空間「未来の有田焼があるカフェ」を展示。
期間は、10月4日(土)~ 11月24日(月)まで。

■出品作品

未来の有田焼があるカフェ
チームラボ, 2014, 音楽:高橋英明

未来の有田焼を作ってみました。

未来の有田焼があるカフェを、イメージして頂ければと思います。
400年間引き継がれる有田焼は、その時代時代のつくり手たちが見ていた美しい世界を、凝縮し、有田焼に閉じ込めてきたとも言えると思っています。

そんな400年分の、多くのつくり手たちが、見てきた、凝縮された美しい世界を持つことが、有田焼の強みだと思うのです。その強みを生かし、未来の有田焼を作りました。

この有田焼は、テーブルに置くと、その凝縮され閉じ込められていた世界が広がり、テーブルや、空間に広がります。いろいろな有田焼をテーブルに置くことで、それぞれの有田焼から解き放たれた世界は、互いに影響し、テーブルや空間を新たな世界へと、変容させます。

プロジェクターとセンサーさえ取り付ければ、どんなテーブルであろうと、どんな空間であろうと、未来の有田焼を置けば、美しい世界へと変わるのです。

そう、これは、遠い未来の話ではなく、今日、商品にもなるのです。未来の有田焼は、400年分の凝縮された美しい世界ごと売ることができるのです。

そんな未来の有田焼があるようなカフェをイメージして、是非、楽しんでください。
あなたが、テーブルに置く、有田焼の組み合わせで、世界は、創られ、変化していくのです。

【開催概要】
未来の有田焼があるカフェ
会期:2014年10月4日(土)~ 11月24日(月)
会場:九州陶磁文化館 第一展示室(〒844-0017 佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100−1)
開館時間:9:00~17:00
休館日:月曜休館(月曜日が祝祭日の場合は開館)
料金:無料
URL:http://www.pref.saga.lg.jp/web/at-contents/kanko_bunka/k_shisetsu/kyuto/_83801/_83875/_83877.html
■チームラボとは
プログラマ・エンジニア(UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ハードウェアエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、CGアニメーター、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、絵師、編集者など、スペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。サイエンス・テクノロジー・アートの境界線を曖昧にしながら活動中。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング