1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『NAVITIME API』物流事業者や観光事業者向けに、移動や業務をサポートする新バージョンの地図APIを提供開始

PR TIMES / 2021年7月19日 14時15分

~数千個のマーカーや3Dランドマークアイコンの表示、地図の回転、新規開通道路の反映などが可能に~

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2021年7月19日(月)より、法人向け地図・ルート検索API『NAVITIME API』にて、ナビゲーション機能と親和性が高く、移動や業務を支援する新バージョンの地図APIを提供開始いたします。



 新バージョンの地図では、従来の地図APIと比べて約10倍の数千個のマーカー表示が可能になったほか、地図の回転や注記情報のクリックなど地図の直感的な操作を実現しました。また、当社のコンシューマー向けアプリ同様に、新規開通道路の地図上への反映が、最短で翌日反映できるようになりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26884/97/resize/d26884-97-23263cff1f0f99b679a2-0.png ]

 位置情報を活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)が流通、商圏分析、勤怠管理、混雑把握など様々な分野・用途で広がってきています。DXを進めるうえで、地図を用いた情報の可視化や共有が重要になるため、地図上で表現できる情報の拡充や、最新の道路反映など、地図で実現できる機能を増やすことで、位置情報を活用した取り組みをサポートいたします。
 また、地図機能の向上により、『NAVITIME API』の特長である、様々な移動手段のルート検索、住所検索、地図表示などの機能をワンストップで提供できる点をさらに強化し、地図と合わせて各種検索を利用されるお客様の業務の支援につながると考えています。
 例えば、物流事業にて、多くの配送を行う場合に地図上で多数の配送先やドライバーの情報管理に利用したり、観光事業にて観光で訪れる旅行者向けのサービスにて、スマートフォンを使って地図による観光案内や移動のサポートなど、位置情報や移動に関する業務やサービスにて活用いただけます。

<新バージョンの地図APIの特徴>


数千個の地点マーカーを地図上に表示可能

多くの地点マーカーや動的アイコンを表示するようなケースにも対応可能となり、大型車考慮ルート検索や、多数の地点を経由地として最適な巡回ルートを検索するAPI等と組み合わせて、物流や動態管理サービス等でご利用になれます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26884/97/resize/d26884-97-06461ecd5f5b78a34d24-1.png ]



地図の回転や、3Dランドマーク表示などの豊かな地図表現

地図をタッチして回転させたり、当社独自の3Dランドマークアイコンを表示するなど、操作性や視認性の高い地図表現が可能です。スマートフォンでの利用時や、ナビゲーションや地点案内時の利便性が向上します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/26884/97/resize/d26884-97-4dab1a07253fa92c3a09-2.png ]



新規開通道路を最短で翌日反映が可能

当社独自の調査や2016年に提供開始の「地図自動更新機能」※1の導入により、高速道路だけでなく、一般国道・主要地方道・都道府県道・市町村道も、最短で道路開通の翌日から地図上に開通した道路が表示されます。
ルート検索APIでは、2016年12月より対応していましたが、今回の対応により、地図の見た目にも新規開通道路が反映され、ナビゲーション機能との親和性が高まり、正確でわかりやすいルート案内が可能となります。
※1 2016年12月13日「国内初!新しい道路を自動で地図に反映する「地図自動更新機能」を提供開始」
https://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201612/13_3985.html
[画像4: https://prtimes.jp/i/26884/97/resize/d26884-97-fb8fb4625ffbe8fbf74f-3.png ]



地図上の駅名等の表記をクリックし、アクションが可能

これまでは、地図上に表記された駅名や建物名等は地図画像と一体化して描画されているのみでしたが、地図上の地点表記をクリッカブルにし、例えば駅名をクリックすると駅のIDが取得でき、それを出発地/目的地に設定してルート検索を行うような利用が可能となります。地図とナビゲーションがより一体となったサービスを構築でき、位置情報の活用や直感的な操作を実現できます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/26884/97/resize/d26884-97-1d741d9baa44646548b7-4.png ]

<新バージョンの地図API動作映像>

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=RvgWQR6nfPg ]



●『NAVITIME API』について
『NAVITIME API」は、ナビタイムジャパンが個人向けサービスで提供する地図表示やルート検索などの機能をAPI形式で、法人向けに提供するサービスです。お客様の業務システムやWebサイト、スマートフォン向けアプリなどに簡単に組み込み、位置情報に関連する様々なサービスの開発が可能です。複数地点巡回時の最適経路検索、ある地点からの到達範囲を検索する到達圏検索など、物流や配車計画、店舗案内などの用途で利用いただいています。
https://api-sdk.navitime.co.jp/api/

●『NAVITIME API』の導入に関するお問い合わせ先
株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業
お問い合わせフォーム  https://api-sdk.navitime.co.jp/contactus/inquiryform.html

※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング