1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【2021年7-8月調査】20代・30代のアルバイト・パート状況に関するアンケート

PR TIMES / 2021年9月15日 16時15分

7人に1人がコロナの影響で「解雇、雇い止め」 3人に2人が家族と同居

企業向けの教育研修事業と若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤剛志)は、20代・30代のアルバイト・パート状況に関するアンケート結果を発表します(回答者数1,485名、うちアルバイト・パート経験者は1,059名、調査日2021年7月1日-8月28日)。



■アルバイト・パート経験者の約7人に1人が「解雇・雇い止めにあった」
厚生労働省によると、新型コロナウイルスに関連する解雇や雇い止めにあった方は、8月27日時点で見込みも含めて累積113,932人にのぼります。また総務省が8月31日に発表した労働力調査によれば、7月の完全失業率(季節調整値)は2.8%、完全失業者数は191万人と、18か月ぶりの減少という状況となっています。

2021年7月から8月にかけて実施した本アンケートでも、「2020年以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、アルバイト・パートを解雇、雇い止めにあった」との回答が13.6%となっており、2021年5月-6月に実施した同調査結果の13.7%とほぼ変わらず、約7人に1人が影響を受けていることがわかりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/60461/97/resize/d60461-97-2d608f30f42f57a61c5f-0.png ]


■約3人に2人が家族と同居
同居状況について聞いたところ、「1人暮らし」31.6%、「家族と同居」68.4%となっており、約3人に2人が家族と同居という選択肢を選んでいます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/60461/97/resize/d60461-97-0061d7350a19bb0d1f66-1.png ]


■就職・転職を考えている理由(自由記述)
・10月から奨学金の返済が始まるため、すぐにでも就職したいから。
・フリーターから抜け出したいため。
・20代のうちに就職を決めたいから、また、両親を安心させたいから。
・27歳になってさすがにまずいと思ったから。
・30歳目前で特に目的もなくフリーターとして続けていくのは少し厳しいなと感じて。
・アルバイトだけでは生活が厳しくなってきたから。
・イラストレーターとしてお金を稼げなかったので就職しようと考えました。
・アルバイトや契約社員では将来的に不安な為。
・コロナを経験して自分の雇用形態が現実的に続かないことを経験したから。
・コロナ禍で生活費を稼ぐので精一杯でいつの間にか中退して2年経っておりこのままだとまずいと感じた為。
・1人で自立した生活を送るため。
・フリーター期間が1年以上になってしまうと、就職が不利になるため。
・アルバイトしかしてこなかったので正社員になり、しっかりと働き自立したいからです。
・このままでは駄目だと思っていて、親を安心させたい、親孝行をちゃんと出来るうちにしたい、と考えているため。大人としてきちんと自立して、社会人になりたい。
・一つ前の会社が、自分に合わず早期退職してしまった為、次回は失敗をしないように自分に合った会社を考えている為。

この結果について、当社常務取締役の近藤は、「最新の政府調査結果によれば、コロナ禍において17か月連続で増加していた完全失業者数がついに18か月ぶりに減少に転じた。まだまだ厳しい状況にはあるものの、労働市場のトレンドが変わってきて、昨年の今頃よりは就労場所を見つけやすい状況になっている。今回の当社の調査結果から、アルバイト・パートでの就業者の約3人に2人が家族と同居と回答していることが分かった。自分の3年、5年、10年後のありたい姿から逆算し、今、何をすべきか考えてみて欲しい。今が苦境と感じるならば、その苦境をどうすれば脱することができるか、脱したらどのようなことをしてみたいか、一時停止して考え、行動に移すことが重要だ。」と述べています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/60461/97/resize/d60461-97-c47618cec9d966ef84de-2.png ]

常務取締役 近藤 浩充
大学卒業後、情報システム系の会社を経て入社。IT戦略事業部長、経営戦略室長、教育事業部長、若手の採用・就職支援を行うカレッジ事業部長を経て現職。若手求職者の傾向と企業の採用・育成課題の双方を知る立場から、当社の若手求職者向け就活研修・企業向け教育研修を監修するほか、一般企業、金融機関、経営者クラブ、高校などで、若手の採用や育成、キャリア形成等についての講演も多数行っている。

【調査概要】
名称  :20代・30代のアルバイト・パート状況に関する調査
対象  :当社サービスに登録した20代・30代の求職者
回答者数:1,485名(うちアルバイト・パート経験者は1,059名)
期間  :2021年7月1日–8月28日

■『コロナ解雇/雇い止め119番』窓口の設置で、就職支援の設置で、就職支援を
当社はこれまで、若年層の就職支援事業を15年にわたり行っており、特に非正規雇用からの正社員就職では、23,000名以上※の就職支援実績があります。2020年9月からは、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めにあった方のための相談窓口『コロナ解雇/雇い止め119番』を設置し、電話やWeb面談による就職相談を受け付けています。(※2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数)

『コロナ解雇/雇い止め119番』URL: https://www.jaic-college.jp/useful/n-kaiko119/

■会社概要
代表取締役:佐藤 剛志
設立   :1991年3月
資本金  :2億5517万円(2021年1月末現在)
本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F(東京本社・受付)
事業所  :横浜支店、東北支店、名古屋支店、大阪支店、
      広島支店、九州支店、熊本オフィス、上海ジェイックマイツ
事業内容 :若手総合職就職・採用支援サービス「就職カレッジ(R)」
      女性正社員就職・採用支援サービス「女子カレッジ(R)」
      新卒学生の就職・採用支援サービス「新卒カレッジ(R)」
      中退者の就職・採用支援サービス「セカンドカレッジ(R)」
30代の就職・採用支援サービス「30代カレッジ(R)」
特性マッチングサイト「FutureFinder(R)」
      大学支援サービス
      各種教育セミナー事業、原田メソッド(R)教育研修事業、7つの習慣(R)教育研修事業
      リーダーカレッジ、エースカレッジ、社員教育教材の開発・販売事業
URL    : https://www.jaic-g.com/
既卒向け就職支援サービス: https://www.jaic-college.jp/
新卒向け就職支援サービス: https://shinsotsu.jaic-college.jp/lp/2022/
企業向け採用支援サービス 集団面接会(しゅうめん): https://college.e-jinzai.co.jp/
企業向け教育研修サービス: https://www.jaic-g.com/service/education/
採用×教育チャンネル 「HRドクター」: https://www.hr-doctor.com/

【お問い合わせ先】
株式会社ジェイック  担当:田中
E-mail: info@jaic-g.com TEL 03-5282-7600  FAX 03-5282-7607

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング