ザイリンクス、Zynq-7000 All Programmable SoC が東大大学院フェノクス・ラボの小型自律飛行型クアッドコプター「Phenox」に採用

PR TIMES / 2014年11月11日 15時40分

Zynq-7000 がPhenox の心臓部として高度な画像処理による自己位置認識機能などを実現



ザイリンクス社の日本法人ザイリンクス株式会社 (東京都品川区、代表取締役社長 サム ローガン) は、東京大学大学院に在籍する研究者グループによるフェノクス・ラボ (Phenox Lab) が開発した、小型で自律飛行可能な知能的でインタラクティブ、プログラマブルなクアッドコプター「フェノクス (Phenox)」にザイリンクスの Zynq(R)-7000 All Programmable SoC が採用された、と発表した。Zynq-7000 All Programmable SoC が Phenox の心臓部に使われており、高度な画像処理による自己位置認識機能などを実現、動きや音に反応して自律飛行するクアッドコプター実現に貢献した。

フェノクス・ラボ (Phenox Lab) は、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻 (知能工学研究室) に在籍の此村 領チーフ エンジニア、三好 賢聖インタラクション デザイナー エンジニアの 2 名の研究者によるグループで、このフェノクス プロジェクトは、独立行政法人情報処理推進機構の 2013 年度未踏プログラムにも採択されている。Phenox は、外部からのコントローラを使わずに、安定して飛行することができる知能性、搭載型のカメラとマイクを使って操縦者の動きに反応するインタラクティブ性、そして Linux ベースのシステムを自分でプログラムすることができるプログラマブル性などの特徴を持つ、モータからモータまでのサイズが 120mm、重さが 60g (バッテリ含む) の小型、軽量の自律飛行型クアッドコプターである。2014 年 5 月にはクラウド ファンディングの Kickstarter で Phenox プロジェクトを立ち上げ世界的にも注目を集めた。

Phenox の初期の試作機では、自己位置認識、モータ制御などの機能を実現するために、MCU とザイリンクスのSpartan(R)-6 FPGA を組み合わせて行っていた。現世代機では ARM(R) Cortex(TM)-A9 を内蔵する Zynq-7000 All Programmable SoC に 1 チップ化にすることで、高度な画像処理による自己位置推定、モータの回転数制御、姿勢制御、音声認識などをリアルタイムで実現し、かつ、小型、高性能化を実現した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング