マルチプラットフォームに対応した新しいバージョンの「詐欺ウォール(TM)」をリリース

PR TIMES / 2019年10月8日 14時35分

~ 新たにMacOSに対応し、パソコン、スマートフォン、タブレットの幅広い機種で利用可能に ~

ソフトバンク株式会社の子会社のBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:瀧 進太郎、以下「BBSS」)は、ネット詐欺専用セキュリティーソフト「詐欺ウォール(TM) / Internet SagiWall(TM)」(以下「詐欺ウォール(TM)」)の新しいバージョンを自社直販サイトにて2019年10月8日より販売を開始しました。また、パッケージ製品の販売は、10月24日より、Amazonおよび全国の家電量販店で開始する予定です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/8525/98/resize/d8525-98-863407-1.png ]

新しいバージョンでは、MacOSの標準ブラウザー「Safari」およびMac版の「Google Chrome」に対応し、これらのブラウザーでインターネット閲覧中に危険なサイトにアクセスした場合でも、自動的に危険性を判断しブロックします。これにより、Windows、MacOS、Android、iOSを搭載しているパソコンやスマートフォン、タブレットなど一般ユーザーが利用する幅広い機器をカバーすることができます。

ここ数年、フィッシング詐欺や偽販売サイト、偽警告などのだまし行為によるネット犯罪被害の報告が増加しており、大きな社会問題となっています。総合セキュリティー対策ソフトの普及でウイルス感染や不正侵入が困難になった結果、ネット犯罪はユーザーのアカウント認証情報を巧妙にだまし取り不正アクセスを行い、金銭を搾取する手口に傾向を変化させていると考えられます。

そのため、正規サイトと詐欺サイトの判別はますます困難になってきています。そして、ほとんどの詐欺サイトはスマートフォンのブラウザーアプリだけでなくSNSアプリに内蔵されているブラウザーでも表示されるため、主要なSNSアプリにネット詐欺対策機能を対応させることも重要な課題です。

新しいバージョンでは、新たに「Instagram」や「Facebook Messenger」、「Skype」などのSNSアプリの内蔵ブラウザーへの対応を追加し、詐欺サイトをブロックする範囲を拡大しました。

■詐欺ウォール™の新機能
1)MacOSへの対応
「Safari」、Mac版の「Google Chrome」へ対応し、危険なサイトを自動検知しブロックします。

2)Android用SNSアプリへの対応を拡張
「Instagram」や「Facebook Messenger」、「Skype」などのAndroid用SNSアプリに内蔵されているブラウザーに新たに対応。

3)Windows用ブラウザーへの対応を拡張新たにWindows10より追加された、標準ブラウザー「Microsoft Edge」に対応。
[画像2: https://prtimes.jp/i/8525/98/resize/d8525-98-139880-0.png ]


■製品の特長
・最新のAI検知技術を含む3つの検知エンジンでトリプルブロック
[画像3: https://prtimes.jp/i/8525/98/resize/d8525-98-640506-2.png ]

詐欺ウォール™には、ブラックリスト検知、ヒューリスティック検知、AI検知の3つの検知エンジンが搭載されています。ブラックリスト検知は、通報などによる詐欺サイトURLを集積したブラックリストによってブロックします。しかし、同じ手口の詐欺サイトでもURL違いの場合はブロックできません。ヒューリスティック検知は、ブラックリストに載っていない詐欺サイトでも、その特徴を専門家が研究し特徴が類似する詐欺サイトを自動的に判別できるようにした検知エンジンです。さらに、専門家の解析が間に合わないライフサイクルが極端に短い詐欺サイトの登場に合わせ、機械学習による解析・検知の自動化を実現したものがAI検知です。詐欺ウォール™はこの3つの検知エンジンによって、日々発生する詐欺サイトを解析し、その精度を向上させています。

■製品価格
詐欺ウォール™ / Internet SagiWall™ 3台1年 ダウンロード版 3,080円(税込み) ※直販
詐欺ウォール™ / Internet SagiWall™ 3台1年 パッケージ版  オープン価格
詐欺ウォール™ / Internet SagiWall™ 3台3年 パッケージ版  オープン価格

■販売チャネル
・詐欺ウォール™ホームページ(直販)URL: https://www.sagiwall.jp/
・Amazon
・全国の家電量販店

●このページに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8525/98/resize/d8525-98-410509-3.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/8525/98/resize/d8525-98-199604-4.png ]

●製品仕様
Mac OS
対応OS:MacOS Sierra (10.12)、 MacOS High Sierra (10.13)、 MacOS Mojave (10.14)、MacOS Catalina (10.15)
※64bitMacのみ対応
空き容量:100MB以上
対応ブラウザー: Safari、Google Chrome 最新バージョンおよびその1つ前のバージョン

iOS
対応OS:iOS10.0以上
空き容量:70MB以上
対応ブラウザー:Safari、詐欺ウォール専用ブラウザーアプリ

Android
対応OS:Android 10.0/9.0/8.1/8.0/7.1/7.0/6.0/5.1/5.0/4.4/4.3/4.2/4.1/4.0
空き容量:10MB以上
対応ブラウザー:Android標準ブラウザー、Google Chromeブラウザーアプリ、Yahoo!ブラウザーアプリ

Windows
対応OS:Windows 7/8.1/10
空き容量:50MB以上
対応ブラウザー:Internet Explorer 11(※64bit版のInternet Explorer非対応)

Microsoft Edge 最新バージョンおよびその1つ前のバージョン
Google Chrome 最新バージョンおよびその1つ前のバージョン
Firefox 最新バージョンおよびその1つ前のバージョン

<参考資料3>
●詐欺ウォール™ / Internet SagiWall™
詐欺ウォール™ / Internet SagiWall™は、日本国内で研究開発された、日本人を標的とするネット詐欺サイトをブロックするネット詐欺専用セキュリティーソフトです。一般的な総合セキュリティーソフトは、世界中で発生するサイバー攻撃を対象としており、国内で発生しているネット詐欺サイトへの適応は十分ではありません。リリースから10年以上の国内ネット詐欺サイトに特化した解析・研究によって、現在の日本人を標的とするネット詐欺サイトを高精度で検知し、安心、安全なインターネット利用を実現するソフトウエアです。
製品情報サイトURL: https://www.sagiwall.jp/

●BBSSについて
BBSSは、ソフトバンクグループにおいて、セキュリティー製品を主軸とするソフトウエアサービスを、ISPや携帯電話会社などの通信事業者を通じて提供し、現在のソフトウエアサービスの利用数は1,300万ライセンスを超えています。サービス提供のみならず、情報セキュリティーに関する啓発活動にも積極的に取り組んでおり、一般消費者のサイバー犯罪被害を減らし、よりよいインターネット利用環境を全てのユーザーに提供することで社会貢献を果たしていきます。

●会社概要
社名:BBソフトサービス株式会社
所在地:東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル14階
社長:代表取締役社長 兼 CEO 瀧 進太郎
設立日:2006年1月17日
株主:SB C&S株式会社 100%
事業内容:ブロードバンドを利用したコンシューマー・SOHO用アプリケーションサービス、およびオリジナルアプリケーションサービスの企画・開発・販売・運営
URL: https://bbss.co.jp/home.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング