★メデル ナチュラルの「AID LINE」から、お肌に潤いをとじ込め、やわらかなもっちり肌へ導く薬用「モイスチャークリーム」新発売★

PR TIMES / 2018年9月14日 11時1分

~お肌のバリア機能を高め、季節や環境の変化に負けない肌へ導く「AID LINE」~

2018年9月15日(土)、株式会社ビーバイ・イー(東京都南青山、代表取締役:杉谷惠美)は、国産米セラミドを高配合したナチュラルケアブランド「メデル ナチュラル」の、お肌のバリア機能を高め、季節や環境の変化に負けない肌へ導く薬用高保湿スキンケア「A ID L INE」から、お肌に潤いをとじ込め、やわらかなもっちりとしたお肌へ導く薬用「モイスチャークリーム」を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9102/98/resize/d9102-98-198921-0.jpg ]


”日本の美しさをこめて”
メデル ナチュラルは生活に寄り添うことをコンセプトに生まれた、トータルケアブランド。
日本人になじみ深い植物成分と、国産米セラミドを配合しました。ストレスを抱える女性たちに、ひとときの
リラックスタイムを過ごしてもらえるよう、エッセンシャルオイルをブレンド。アロマの力で心と肌のバランスを整えサポートします。

メデル ナチュラル 公式ホームページ:< https://www.bxe.co.jp/medel/

ビーバイ・イー公式インスタグラム:@bxe_natural< https://www.instagram.com/bxe_natural/


≪products point≫

01. 国産米セラミド+ 10種の植物由来成分
日本人が昔から慣れ親しみ、アレルギーが少ないと言われるお米に含まれる高保湿成分“天然セラミド”と、
お肌のトラブルを解決するための、抗炎症・抗酸化・高保湿に優れた8種の植物由来エキスを配合。さ
らに、2種の植物由来オイル保水膜が、お肌の潤いをとじ込め、もっちりとしたお肌へ導きます。

【8種の植物由来エキス】
カレンデュラ(抗炎症*)、カミツレ(メラニン産生抑制*・コラーゲン合成促進*)、桃の葉(抗炎症*)、
ヘチマ(保湿)、セージ(抗炎症*)、月見草(抗酸化*)、ユーカリ(セラミド生成促進*)、ハイビスカス(保湿、代謝促進*)

【2種の植物由来オイル】
コメヌカオイル(保湿)、シア脂(保湿)
*効果があるといわれています。


02. お肌の基礎力を高める 植物由来成分 × 有効成分
甘草の根茎から抽出した、非常に優れた抗炎症効果をもつ“グリチルレチン酸ステアリル”を配合。お肌の炎症を沈め、肌荒れを防ぎます。植物成分と有効成分が、肌バランスを整え、肌本来のちからが働きやすい環境へ導きます。


03. パッチテスト&スティンギングテスト済
お肌の弱い方やお肌の状態が敏感な時にも安心して使っていただけるよう、8つの成分を無添加とし、パッチテストとスティンギングテストを実施しました。
※スティンギングテストとは、お肌への刺激性を調べるテストです。敏感肌でも安心して使っていただけるという一つの目安になります。

[8つの不使用成分]
×アルコール ×鉱物油 ×シリコン ×パラベン ×石油系界面活性剤 ×合成香料 ×合成着色料 ×動物性原料


04. 100%天然アロマ リラックス効果の高いカモミールブレンドの香り
100%天然アロマ使用。アロマでリラックスをしながらのスキンケアタイムは、お肌への相乗効果が期待できます。ローマンカモミール(カミツレ)をメインにラベンダー・オレンジ・ゼラニウムをブレンド。ローマンカモミールの林檎のような甘さとオレンジのフレッシュさに、ラベンダーで奥行を持たせた、爽やかでほんのり甘いリラックス効果の高い香りが、やさしく包み込みます。


≪Product description≫

[画像2: https://prtimes.jp/i/9102/98/resize/d9102-98-917153-1.jpg ]


メデル ナチュラル モイスチャークリーム
カモミールブレンドアロマ ( 薬用クリーム)
28g ¥1,400 +税

92%天然由来成分
伸びがよくベタつかないこってりとしたテクスチャーの薬用高保湿クリーム。10種の植物由来成分と有効成分“グリチルレチン酸ステアリル”配合で、肌荒れを防ぎながら、皮膚の上に保護膜をつくり
水分の蒸発を防ぎます。お肌に潤いをとじ込め、やわらかなもっちりとしたお肌へと導きます。


≪発売日≫

2018年9月15日(土)


【一般のお客様のお問い合わせ先】
ビーバイ・イー
東京都港区南青山4-12-1 フェリズ南青山201
TEL:0120-666-877
Web: https://www.bxe.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング