見た目年齢に挑む!年齢を重ねたお肌にうれしい‘ヘビ毒’エイジングケア* 『エディーバ』誕生

PR TIMES / 2012年6月20日 11時39分



2012年7月24日、ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)は、30代後半~40代のアラフォー女性に向け、エイジングケア*を目的とした新スキンケアブランド『エディーバ』から、「リンクルクリーム SA」と、「リンクルセラム SA」を発売致します。

「いつまでもキレイでいたい。年齢を感じさせない肌でいたい。」そんなエイジレス・ビューティをめざすアラフォー女性が増えています。中でも、常に新しい美容情報や化粧品に関心をもち、積極的に自分の美を磨いている女性たちに注目されているのが、カタツムリ粘液成分やヘビ毒をモデルに開発された「シンエイク」といった“生物由来成分配合の化粧品”です。

新ブランド『エディーバ』は、シワに効果のあると言われるヘビ毒に着目し、オリジナル成分「ヘビ毒ペプチドBTX(シンエイク*2をはじめ、美容成分10種類**を贅沢配合)」と、4ヶ月腐らないと言われる特性を持つ希少なスイス産リンゴ由来の「リンゴ果実培養細胞エキス*1の2種類の新規成分を組み合わせました。『エディーバ』は、上質なうるおいと弾力を肌に目覚めさせ、若々しいお肌へ導きます。うっとりと心地よいエレガントローズ(天然ローズアロマ配合)の香り。 

【商品 KeyWords】
○アラフォー女性
○エイジングケア*
○生物由来コスメ
○ヘビ毒ペプチドBTX
○リンゴ果実培養細胞エキス*1
○乾燥による小ジワを目立たなくする*3
○天然ローズアロマ

*年齢に応じたお手入れ *1整肌成分 *2整肌成分:ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド *3効能評価試験済み(リンクルクリームのみ) **下記【商品特長】参照

★WHAT IS  “EDIVA(エディーバ)”?★
『 エディーバ』は、旧約聖書に登場する「エデンの園」と、ラテン語で女神をあらわす「ディーバ」に由来する “女性の美を目覚めさせる”スキンケアブランドです。

【商品特長】
〔年齢を重ねたお肌にうれしい11成分を贅沢に配合〕
エイジングケア*に効果が高いと言われているヘビ毒の働きを美容に応用した合成ペプチド成分「シンエイク*2」に加えて、年齢を重ねたお肌にうれしい美容成分を10種類(下記1.~10.)配合した「ヘビ毒ペプチドBTX」。さらに、4ヶ月腐らない(しなびにくい)と言われる特長を持つ希少なスイス産リンゴ由来の「リンゴ果実培養細胞エキス*1(11.)」の計11成分を贅沢に配合し上質なうるおいと弾力のある、若くみずみずしいお肌へ導きます。

1.シンエイク*2 2.レチノール誘導体*4 3.ビタミンC誘導体*5 4.ビタミンB12*6 5.低分子コラーゲン*7 6.低分子ヒアルロン酸*8 7.シコンエキス*9 8.ローズエキス*10 9.ローズヒップエキス*11 10.ザクロエキス*12 11.リンゴ果実培養細胞エキス*1

*2整肌成分:ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド *4保湿成分:パルミチン酸レチノール *5整肌成分:アスコルビルグルコシド *6保湿成分:シアノコバラミン *7保湿成分:加水分解コラーゲン *8保湿成分:加水分解ヒアルロン酸 *9保湿成分:ムラサキ根エキス *10保湿成分:カニナバラ果実エキス *11保湿成分:ローズヒップ油 *12保湿成分:ザクロ果実エキス

【商品説明】
◆エディーバ リンクルクリーム SA  50g 2,500円(税込 2,625円)
乾燥による小ジワを目立たなくする*3 高保湿ハリ対策クリーム
なめらかにのびてべたつかないリッチな感触。
クリームのピンク色は美肌効果を持つ、シコンエキス(保湿成分)本来の色です。  *3 効能評価試験済み

◆エディーバ リンクルセラム SA  15g 1,800円(税込 1,890円)
直塗り&マッサージでピーンとアイロン級!集中ポイント美容液
ひんやりみずみずしい感触のジェル状美容液。樹脂製アプリケーターで直塗りしながらマッサージ。
年齢の出やすい目もと口元に。ぷるんと弾むハリと弾力を与えます。

【共通】
●ヘビ毒ペプチドBTXとリンゴの細胞エキスを配合 ●天然ローズアロマを贅沢に配合、エレガントローズの香り
●無鉱物油・パラベンフリー・合成着色料不使用 

■販売店: 全国バラエティショップ・量販店 等
※当商品は、7 月24 日よりこちらのURL からもお買い求めいただけます。
常盤薬品工業公式オンラインショップ「TokiwaStyle」 http://tokiwastyle.jp

【商品のお問い合わせ先】
常盤薬品工業株式会社
サナお客さま相談室 フリーダイヤル 0120-081-937

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング