【AMERICAN ULTRAシリーズ発売記念企画】 チャレンジと進化を続ける表現者たち“ウルトラリスト”に焦点を当てたインタビュー公開!

PR TIMES / 2019年11月21日 11時45分

第一弾にはAMERICAN ULTRAビデオキャンペーンでも話題の春畑道哉(TUBE)が登場

フェンダーミュージック株式会社は、AMERICAN ULTRAシリーズ発売記念企画として、さまざまな“壁”や“限界”を超えながら、常に新しいことにチャレンジし続ける表現者たち“ウルトラリスト”にスポットを当てるスペシャルコンテンツを2019年11月21日(木)よりオフィシャルメディア「#FENDERNEWS」上で公開します。



[画像: https://prtimes.jp/i/21878/99/resize/d21878-99-306492-0.jpg ]

“ウルトラリスト”インタビューコンテンツの第一弾には、AMERICAN ULTRAビデオキャンペーンでも話題のTUBEのギタリスト春畑道哉が登場。彼がギターを手にしたその日から経験してきた様々な“壁”や、今のポジションを築き上げるに至った進化の過程、AMERICAN ULTRAと出会ったことで見えてきた先へと続く可能性などについて語っています。

春畑道哉の“ウルトラリスト”インタビューは下記ページにて公開されています。

■Ultralist’s Interview | 春畑道哉(11月21日公開予定)
https://shop.fender.com/ja-JP/interview/ultralists-interview-michiya-haruhata

■春畑道哉(TUBE)プロフィール
1985年TUBEのギタリストとしてデビュー。1990年以降のほぼ全てのTUBEの作曲を担うメロディメーカー。1987年よりTUBEと並行してソロ活動を始め、シングル「J'S THEME(Jのテーマ)」がJリーグオフィシャルテーマソングとなり、ギターインストながら約30万枚のセールスを記録。1993年のJリーグ開幕のオープニングセレモニーでは国立競技場の約6万人の観衆を前にライブを行った。以降、フジテレビ系野球中継テーマ曲「JAGUAR」など多数の楽曲がTV、CMにで起用され、2002年にはギターメーカーFENDER USA社とアジア人として初となる専属契約を結ぶなど、日本を代表するギタリスト。2018年Jリーグ25周年の節目にテーマソングをリアレンジした新バージョンを制作、2019年3月10枚目となるフルアルバム「Continue」を発売した。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/MichiyaHaruhata/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング