ドイツのアウトドアブランド「ショッフェル」X-Pacバックコレクション、オールブラック追加

PR TIMES / 2020年9月4日 11時15分

〈Schoffel(ショッフェル)〉のOUTLEISUREラインの中でも人気のX-Pacバックコレクションに、シックなオールブラックが追加。防水・強度・軽量に優れた素材X-Pacを本体に使用した本コレクションは、バックパックやトートバック、サコッシュなど計5型がラインナップ。




[画像1: https://prtimes.jp/i/51499/99/resize/d51499-99-505608-0.jpg ]




X-Pac Backpack 25(X-Pacバックパック25)
品番:50-99001
価格:¥18,000+税
サイズ:H44(+20)×W28×D15cm
カラー:90(BLACK X)
素材:X-Pac(表ポリエステル100%,裏ナイロン100%)
重量:600g
機能:耐摩耗,耐久撥水



1泊2日以上を想定した18L(最大25L)クラスのバックパック。トップの開閉にWベルト式を採用した事でスリーピングマットなど幅のある荷物を上部にしっかりと固定する事が可能。またサイドコンプレッションを引くことで揺れを防止でき、ストックなど長さのある物も収納が可能に。


[画像2: https://prtimes.jp/i/51499/99/resize/d51499-99-944740-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/51499/99/resize/d51499-99-109212-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/51499/99/resize/d51499-99-345142-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/51499/99/resize/d51499-99-566386-5.jpg ]






左上:レインジャケットなど濡れた物を入れるのに便利なメッシュフロントポケット付きの15Lクラスのデイパック。バックパック同様サイドコンプレッション付き(¥14,000+税) 右上:公共交通機関を利用する際に、山行前後の荷物を入れ保管しておくサブバッグとしても活躍する20Lクラスのトートバッグ(¥14,000+税) 左下:ウインドシェルや薄手のレインウェアなども入る大容量ボディバッグ。セパレートのインナーポケット付き(¥8,000+税) 右下:素材感を活かしたシンプルなサコッシュ。ブラックとホワイトの2色展開(¥6,000+税)

Schoffel(ショッフェル):
1804年にドイツでニット製品の製造からスタート。創業200年以上の歴史を持つ老舗アウトドアブランド。身近な自然を楽しむためのアウトドアウェア作りに重きを置き、ドイツ語で『Ich bin raus.(外へ出よう、自然の中へ。)』をメッセージに掲げ、ハイキングやトレッキング、スキーなどアウトドアフィールドで活躍するウエアを展開。

OUTLEISURE(アウトレジャー):
“OUTDOOR(外遊び)”と“LEISURE(レジャー)”の要素を組みわせたコレクション。アウトドアフィールドに適した素材と機能性に、レジャーを楽しむためのファッション性もプラスされたアーバンライクなラインナップは、山や街、海や川など様々なシーンで活躍。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング