オリエント時計が誇る最高峰ダイバーズウォッチのニューモデル『オリエント 300m(メートル)飽和潜水用ダイバーモデル』11月23日発売

PR TIMES / 2012年11月13日 20時23分

本格的ダイバーズウォッチとしてプロからも評価の高い300m飽和潜水用ダイバーが装い新たに登場。新色のホワイトとレッドはカジュアルな服装との相性も抜群。海だけでなく、タウンユースとしても存在感を放ちます。300mの潜水をサポートする強靭な機能はそのままに、暗い海中でもより時間を捉えやすい形状の時分針にしました。2年間のメーカー保証期間に加え、ご購入の 2年後には無料点検サービスを実施しています。



オリエント時計株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮川二郎、資本金:19億3,700万円)は、『オリエント 300m飽和潜水用ダイバーモデル』 1型3アイテム(価格:168,000円【税込】)を、2012年11月23日より全国で発売いたします。

『オリエント 300m飽和潜水用ダイバーモデル』は、“プロが納得する本格ダイバーズウォッチ”をコンセプトに、水深300mまでの潜水に耐えられる耐水性と防水性を備え、JIS規格の認証適合を受けた、飽和潜水仕様のプロスペックのダイバーズウォッチです。プロダイバーの方々からのニーズに応え、ショックに強い専用ムーブメントや、エアバルブ無しの耐ヘリウムガス機密型ケースなど、本格的な機能を搭載して実用性を高めました。

このたび発売するニューモデルでは、ダイヤルカラーには定番のブラックに加えて、ホワイトとレッドのモデルを新たに追加し、タウンユースでも存在感を放つアイテムに仕上げました。さらに、暗い海中でも瞬時に時間を把握することができるように、時分針の形状をリニューアルし、より視認性を高めました。また、バンド上面をヘアライン仕上げにし、ヘビーユースに耐えうる屈強なデザインを新たに採用しました。

これまでのモデルと同様の機能としては、自動巻き機能に加えて、手巻き機能、秒針停止機能、パワーリザーブインジケーターを引き続き採用し、「水中で正確な時間を知る」というダイバーズウォッチに求められる重要な機能を備えています。そのほか、時計内部への水の流入を防ぐ大型のねじ式りゅうずを採用したり、水中で手首の稼動域を損なわないように4時位置にりゅうずを配置したりするなど、潜水時の実用性を細部まで追求しています。また、潜水中の経過時間を認識しやすくするための回転ベゼル、暗い海中でも時刻を把握できるルミナスライトを搭載しています。さらに、誤動作による腕からの脱落を防ぐダブルロック機能や、ワンタッチでバンドの長さを調整できるエクステンションが付いた中留を採用し、着脱性を高めました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング