アプリ開発不要、ビーコンを置くだけで集客向上「おもてなしBeacon(TM)」の提供開始 ~ 観光や街歩き中の訪日外国人向けに40カ国語以上でお店を案内 ~

PR TIMES / 2014年12月2日 11時42分

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、アプリケーションの開発やサーバーへのデータ設定作業をしなくても、Beaconが届いたその日からすぐに観光や街歩き中の訪日外国人向けに店舗や商品・メニュー等の案内が40カ国語(※1)以上でできる「おもてなしBeacon(TM)」の提供を開始することを発表いたします。



アプリックスのBeaconは、すでにO2Oや位置情報等の幅広いサービスのソリューションとして大手アパレルショップや飲食店チェーンをはじめ、自治体や公共施設等でも幅広く採用が進んでおり、今後本格的な普及とともに設置店舗数が劇的に増えると見込まれています。そのような市場の拡大の中、商店街や独立系の店舗でもBeaconを活用したいという声も多くいただいておりますが、アプリケーションの開発やサーバーの設置などBeaconを利用するための事前準備が必要でした。

そこで、アプリックスでは、Beaconの購入者向けに提供しているアプリケーション「hubea(R)」を活用して、Beaconを店頭に置くだけでお店のホームページやインターネット上の店舗案内を40カ国語以上に自動的に翻訳して観光や街歩き中の訪日外国人向けに案内できる「おもてなしBeacon」を商店街や規模拡大中の新しいフランチャイズ向けに積極的に提供することにいたしました。

2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催が決定し、急増する訪日外国人の数は、昨年初めて1,000万人を超え、2020年には2,000万人に増やす目標が政府により立てられており、訪日外国人がもたらす経済効果は4.2兆円に達する見通しであると言われています(※2)。手軽に使える「おもてなしBeacon」を用い、より多くの店舗へのBeaconの設置を推進することで訪日外国人や国内の観光客だけでなく、アプリケーション開発者やサービスプロバイダーなど幅広いお客様にインフラとしてアプリックスのBeaconを活用していただける環境を構築していきます。

アプリックスでは、あらゆる国からの来訪者が気軽に街の店舗や施設などを利用できるようにするとともに、2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けてますます増えていく訪日外国人を店舗や施設が積極的に呼び込むことで商売が広がる社会インフラを構築し、アプリックスのBeaconを活用するサービスプロバイダーとともにビジネスを展開していくことによって事業を拡大し収益の増大に努めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング