1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ヤフー・データソリューション】子どもの名付けの裏側を調査!検索行動から子どもの名前の検討過程を分析したレポートを公開

PR TIMES / 2023年11月14日 13時45分

意味を調べられている漢字ベスト3は「莉」「凪」「蒼」、響きは「ひなた」「ひまり」「はる」

LINEヤフー株式会社が提供する、ヤフーの多様なサービスから得られる行動ビッグデータを分析できる事業者向けサービス「ヤフー・データソリューション」は、子どもの名前を決める際の検索行動から名付けの検討過程を分析したレポート(以下、本レポート)を公開しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/129774/100/resize/d129774-100-bd13699d9a64c7529284-0.png ]

※画像提供:アフロ

本レポートでは、最終的な子どもの名付けに至るまでに人々がどのような検索を行い、候補の中からどのように「ぴったりな名前を見つける」のかを、Yahoo! JAPANの検索ビッグデータから分析しています。

子どもの名前を検討する際に検索されているキーワードは「名前診断」


ヤフー・データソリューションで「名前」を含む検索キーワードランキングを調べてみると、1位に「名前診断」、2位に「名前診断 赤ちゃん」というキーワードが来ていることがわかります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/129774/100/resize/d129774-100-15f62a0973ebdfb1e8b0-0.png ]

「名前」を含むキーワードランキング 直近1年間(2022/10/10~2023/10/15)
出典:DS.Insight - People 基本画面

さらに、「名前診断」を検索する際に最もよく結びつけられる検索キーワードを見てみると、「姓名判断」「名前診断」「姓名判断無料」「姓名判断赤ちゃん」「画数姓名判断」が多く検索されていることがわかりました。
そこで今回は、これらのキーワードを検索している人々を「子どもの名前を検討している」と定義しました。
これらの人々が検索するキーワードをより深掘りして調べてみた結果、「漢字」「意味」と付くキーワードによる検索行動から検討の様子が具体的に見えたため、これらを含むキーワードに絞って調査しました。

その結果、「漢字」「意味」を含む特徴検索キーワードのランキングは以下の通りとなりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/129774/100/resize/d129774-100-d2f7a9e235e3cdb94a1b-0.png ]

2023/4-2023/9 検索人数順

このランキングから、検索キーワードが以下の検討パターンに分類できることがわかります。

【検討パターン1】漢字→意味:使いたい漢字があり、その意味を知りたい
【検討パターン2】響き→漢字:気に入った響きがあり、当てはまる漢字を知りたい
【検討パターン3】ひらがな→漢字:使いたい音の響きがあり、当てはまる漢字を知りたい
【検討パターン4】画数:画数に当てはまる漢字を知りたい

ここまでで確認した検討パターンを念頭に、具体的にどのような名前が選ばれたかを、特に最初の3パターンについて詳しく分析してみます。

各検討パターンの上位検索キーワード10位


・「漢字→意味」の上位10位
1位から順に、「莉」「凪」「蒼」「悠」「葵」「朔」「楓」「斗」「碧」「凛」となりました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/129774/100/resize/d129774-100-9e82366308517d3ab028-0.png ]




・「響き→漢字」の上位10位
1位から順に、「ひなた」「ひまり」「はる」「えま」「せな」「いと」「いぶき」「いつき」「りく」「れい」となりました。また同時に検索されているキーワード(図中の上位3キーワード)にも特徴が表れていました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/129774/100/resize/d129774-100-d6fd37356a03fcc86a19-0.png ]


上位3キーワードを見ると、男女ともに使われる名前の場合は、性別が男性もしくは女性とわかる漢字にしたいという意図が垣間見えます。
また「えま」に関しては、「可愛い」というキーワードが同時に検索されており、「えま」を候補とする親たちは「かわいらしさ」を考慮に入れていることも推測できます。
8位の「いつき」では漢字の文字数を指定するキーワードが同時に検索されており、「樹」のように1文字の漢字で表すことが多い名前ならではのデータです。

・「ひらがな→漢字」の上位10位
1位から順に、「と」「り」「な」「い」「み」「か」「き」「ま」「あ」「の」となりました。
[画像6: https://prtimes.jp/i/129774/100/resize/d129774-100-c524f203b10d4277029f-0.png ]


名付けに用いたい「漢字」や「響き」、「ひらがな」などをベースに意味や画数を掛け合わせて名付けが検討されていることが見て取れる結果となりました。

▼実際につけられた名前ランキングとの比較など、より詳細なレポートは以下のURLで公開しています。
名前選びの舞台裏 - みんなはどんな候補を検索している?
https://note.com/ds_yahoojp/n/nbc6c713da6b7

レポート内容や、レポート内の図表等は媒体でお使いいただけます。「ヤフー・データソリューション」とクレジット記載いただくようお願いします。また可能であればレポートのURLの掲載もご検討ください。

ヤフー・データソリューションは、今後もビッグデータの持つ力と面白さをお伝えするとともに、ビッグデータの価値を社会に還元するためのさまざまな取り組みを進めていきます。

<ヤフー・データソリューションについて>
ヤフー・データソリューションは、ヤフーの多様なサービスから得られるビッグデータを活用し、企業や自治体向けに事業の創造や成長支援、課題解決などにつなげるインサイトを提供するサービスです。検索・人流データをもとにお客様ご自身で分析いただけるデスクリサーチツール「DS.INSIGHT」と、オーダーメイドでビッグデータを活用した課題解決を支援する「DS.ANALYSIS」などを提供しています。なお、本サービスでは、統計化されたデータのみを扱っており、個人を識別可能な情報は含まれません。
・公式サイト:https://ds.yahoo.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください