アジアインサイトレポート 第3弾 『アジア4ヵ国の色に関する意識調査~自動車・携帯電話編~』

PR TIMES / 2013年8月20日 14時13分

自動車、携帯電話ともに、国を超えて普段よく見かける色は「黒」
購入したい色は、中国、タイ、ベトナムは普段よく見る色
日本はさまざまな色を選び、他3ヵ国よりも目新しい色を求める傾向
--------------------------------------------------------------------------------



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)は、アジアの人々の意識や行動を探るため、当社の海外グループ会社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査「アジアインサイトレポート」を発行しています。
第3弾のレポートでは、株式会社日本カラーデザイン研究所と共同で実施した『アジア4ヵ国の色に関する意識調査~自動車・携帯電話編~』を発表します。本調査は、2013年1~4月に日本、中国、タイ、ベトナムの20~50代一般男女・各国約80人を対象に、調査用紙自記入法(色見本のパネル併用)にて行い、結果をまとめました。

分析者:
株式会社インテージ    李 昂 
株式会社日本カラーデザイン研究所  稲葉 隆


-------------------------------------------------
調査結果
-------------------------------------------------

【自動車編】

1. 『普段よく見かける自動車の色』:4ヵ国合計vs日本

4ヵ国全体で最もポピュラーなのは「黒」の自動車。日本では「白」「黒」がトップ2、次いで「銀」

図1-1は、日本、中国、タイ、ベトナムの各国で『普段よく見かける自動車の色』を聴取し、4ヵ国合計での上位10色を抽出した図である。上位には「黒」「白」「銀」など色味のない無彩色が並んでいる。特に「黒」は84.0%という高い割合を占め、自動車の色として非常にポピュラーであることがわかる。
日本のみの結果(図1-2)をみると、上位は4ヵ国合計の傾向とほぼ重なるが、「白」の方が「黒」よりも割合が少し高く、「銀」の割合は4ヵ国中最も高かった。


2. 『購入したい自動車の色』と『普段よく見かける自動車の色』:国別

日本では目新しい色を求める傾向。「紺」「エンジ」「鉄紺」など暗色に注目
中国・タイ・ベトナムの3ヵ国では「購入したい色 ≒ よく見かける色」の関係が強い

図2は『購入したい自動車の色』として選択率10%を超える上位色を国別に抽出したものである。比較するために、同色の『普段よく見かける自動車の色』の割合をグレーで示した。
中国・タイ・ベトナムでは、“購入したい色”と“よく見かける色”の回答がほぼ比例しており、よく見かけるオーソドックスな色の順に、購入したい色が選択されている傾向がうかがえる。
一方日本では、“よく見かける色”が“購入したい色”とは限らず、「紺」「エンジ」「マリンブルー」「鉄紺」などは、見かける色としての割合は低く、購入したい色としての割合の方が高い。日本では、消費者が目新しい色を求めていると考えられる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング