1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

建築エージェンシー事業を本格的にスタート ~準備室を設置 来春事業会社設立予定~

PR TIMES / 2013年1月16日 13時51分

コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、建築のエージェンシー事業を本格的に開始いたします。来春の事業会社の設立に向けて、既に当社内に建築エージェンシー準備室を設置し、建築業界のマーケティング活動を開始いたしました。

日本には約34万人の一級建築士、約73万人の二級建築士(*)がおります。日本の建築家の技術は世界的にも高いレベルにあり、その活躍の場は海外に広がっております。その反面、約13万件以上あると言われている建築士事務所は、長引く不況によるマンション工事等の民間需要が縮小するものの、公共工事等は今後の拡大が見込まれる状況にあります。

このような環境の中で当社は、人材の流動性が高いとは言えない建設・建築業界で、新たな仕事の可能性を提示することによって建築士の生涯価値の向上をはかり、設計事務所・建設関連企業の価値創造への貢献を目的として、建築エージェンシー事業を展開してまいります。サービスメニューとして、国内外の建築案件のプロデュース(案件の請負と紹介等)、建築士の紹介・派遣等を行なってまいります。海外でのプロデュースにおいては、上海、北京、ソウルの現地法人や、台湾、東南アジア等の関連する企業から建築情報を収集し、日本の建築士に多くのプロジェクトを紹介することを積極的に行なってまいります。準備室を開設する前から、数多くの案件情報が当社に寄せられており、今般の事業開始へと至りました。

当社は、1990年の設立以来クリエイター、ITエンジニア、医師、弁護士、会計士等のエージェンシーを立ち上げてまいりました。プロフェッショナルに特化したエージェンシーには、共通の事業ノウハウが存在しております。これらの事業で培ったノウハウを活かして、建築士と建築士事務所のネットワークを今までの事業以上のスピードで拡大してまいります。
収益化への第一歩として、建築関連の仕事情報等を提供する建築士専用のWeサイト構築及び、建築業界のヒューマンドキュメント誌「アーキテクツ・マガジン(仮称)」を本年3月を目処に創刊し、ブランド力を向上させ、採用、マーケティング活動を強化してまいります。

建築分野での当社実績として、2010年に台湾九份地区の土地開発「九份造像城市」プロジェクトにおいて、日本屈指の建築プロデューサー 浜野 安宏 氏をはじめ、日本を代表する4名の建築家とプロジェクトチームを編成し、第一期開発の基本設計を完成させております。また、上海に現地法人、北京に営業所を持つことから中国との関係性が深く、中国の建築物や都市開発等の相談を数多く受け、企画を提案した実績があります。

今回の事業は、建築という新しい分野への当社の挑戦であり、プロフェッショナルの生涯価値の向上とクライアント企業の価値創造への貢献という当社グループのミッションを実現する新たな機会です。当社グループは、今後も「プロフェッショナルによる豊かな社会の実現」に向けて、国内外で活躍する方々を支援し、新たな分野でエージェンシー事業を手がけていくことを予定しております。

*財団法人 建築技術教育普及センターHPより(平成23年3月31日現在)


この件に関するお問い合わせ
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 TEL:03-4550-0008

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング