ローカライズ「Rettyタイ版」リリースから約半年で月間利用者数50万人を突破!

PR TIMES / 2020年8月27日 12時45分

~完全タイ語対応により、現地の方が「お店探し」に利用するサービスに成長~

Retty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也 / 以下、Retty )は、日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」( レッティ https://retty.me/ )の ローカライズ版として、Rettyタイ版「Retty Thailand」( https://retty.co.th/ )を2020年1月に提供を開始し、2020年7月末時点で月間利用者数が50万人を突破したことお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4025/101/resize/d4025-101-303983-0.png ]

■Rettyタイ版「Retty Thailand 」について  https://retty.co.th/
Rettyは、2011年6月のサービス提供開始以降、順調に利用者数を伸ばし、2019年5月に月間利用者数4800万人を突破(※)、掲載店舗数70万店舗以上、口コミ投稿数は数百万件以上と日本最大級の実名口コミグルメサービスとなっております。

Rettyのビジョンでもある「食を通じて世界中の人々をHappyに。」の実現のため、海外展開に注力を開始し、2020年1月にRettyタイ版「Retty Thailand 」のWebサイトをリリースしました。
新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響を受けましたが、Webサイトのリリースから約半年で月間利用者数50万人を突破しました。

「Retty Thailand 」は、800万人が住むタイの首都バンコクを拠点にサービスを展開、タイ語対応などのローカライズ強化を進め、現地在住ユーザーから信頼できるお店の口コミ投稿をしていただいたことにより、現在利用者の99%はタイ現地の方の非日本語での利用となっております。

※:2019年5月時点の日本国内の月間利用者数です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4025/101/resize/d4025-101-473416-1.png ]


■Rettyタイ版「Retty Thailand」 沿革


2017年8月より「Retty」アプリをタイ語/英語に言語対応の上、2018年にかけてテスト運用を開始。
2019年4月、タイのバンコクにオフィスを開設。
2020年1月、Rettyタイ版「Retty Thailand」Webサイトの正式サービス提供開始。
2020年7月末、月間利用者数50万人を突破。


■Rettyタイ展開の背景
タイは人口7000万人以上、20万店舗以上の飲食店がある食文化が発展した国であり、800万人が住む大都市バンコクは、ミシュラン獲得店舗などアジアトップレベルの飲食店が多数存在する東南アジア最大のグルメ都市と言われており、その食文化は、歴史的にも周辺諸国から多様な影響を受け、中華・インド料理・フレンチ・イタリアン・日本食など多彩な飲食店が栄えております。

また、タイはSNSの普及率が高く活発に利用されており、2018年にはバンコクが世界で最もFacebookのアクティブユーザーが多い都市に選ばれるほどであり、Rettyとの親和性が高いと判断し、タイでの展開を開始しました。

引き続き、ローカライズやサービス拡充により、タイの皆様へ「ベストなお店が見つかる」体験をお届けするサービスとなることを目指して参ります。

■「Retty」について  https://retty.me/
2011年6月にサービスを開始した実名口コミグルメサービス「Retty」は、グルメに強いこだわりを持つ方々を中心に、「オススメ」したいお店の情報を実名ベースでご投稿いただく形で運営しています。「自分にベストなお店が見つかる」グルメサービスとして、20~40代の男女を中心に、幅広い年代にご利用いただいています。2019年5月に、月間利用者数が4,800万人を突破しました。

・「Retty」iPhoneアプリ: https://itunes.apple.com/jp/app/id473919569?mt=8
・「Retty」Androidアプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=me.retty

■ Retty株式会社 概要
会社名  Retty株式会社(Retty Inc.)  https://corp.retty.me/
代表者  代表取締役 武田 和也
所在地  東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
事業内容 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」の運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング