ザイリンクス、2015 年 1 月の「カーエレ JAPAN」に出展、次世代オートモーティブ テクノロジをリードする All Programmable ソリューションを展示

PR TIMES / 2014年12月18日 14時21分

ザイリンクスの最先端 ADAS ソリューションを実装したラジコン カーをはじめ、運転支援システム プラットフォームの最新デモを実演

ザイリンクス社の日本法人ザイリンクス株式会社 (東京都品川区、代表取締役社長 サム ローガン) は、2015 年 1 月 14 日 (水) から 16 日 (金) まで東京ビッグサイトで開催される「第 7 回 国際カーエレクトロニクス技術展 (カーエレ JAPAN)」 (主催 : リード エグジビション ジャパン株式会社) に出展する。カーエレ JAPANは、カー エレクトロニクスに関するあらゆる部品や材料、ソフトウェア、製造装置、テスティング技術が一堂に集う自動車の次世代技術の専門展である。カーエレ JAPANに関する詳細は、http://www.car-ele.jp/ を参照されたい。

ザイリンクスのオートモーティブ ソリューションは、高いレベルの信頼性と柔軟性を兼ね備えており、現在、車載システムの設計者が直面している、最も厳しい技術的およびビジネス的な課題の解決に向けて貢献する。次世代オートモーティブ テクノロジをリードするオートモーティブ グレード XA Zynq(TM)-7000 All Programmable SoC をはじめとする製品ラインおよびそれらをサポートする強力なエコシステムを組み合わせることで、ザイリンクスは、次世代運転支援システム、ドライバー情報およびインフォテインメント アプリケーション向けの総合ソリューションを提供する。

ザイリンクス ブース (出展ゾーン : 車載半導体ゾーン、小間番号 : 西 9-74) では、ドライバー視点 (視線) 認識システム デモや車両検知 (認識) システム デモなど、ザイリンクスの最先端 All Programmable テクノロジによるADAS (先進運転支援システム) 向けソリューションを実感できる様々なデモンストレーションを行う。昨年、大好評を博した、ザイリンクスの ADAS ソリューションを実装したラジコン カーを今年も出展し、実車に匹敵する乗用車向け運転支援システム プラットフォームの最新デモを実演する。ザイリンクスは、業界をリードする All Programmable テクノロジによって、オートモーティブ分野でも一世代先を行くソリューションを提供する。

■ 主な出展製品
・オートモーティブ グレード XA Zynq-7000 All Programmable SoC
XA Zynq-7000 All Programmable SoC は、ADAS の高い演算要求に対応できる理想的なソリューションである。ハードウェアとソフトウェアの一体型プログラマビリティにより、パフォーマンスを最大化しリソースを最小限にするために、環境解析による検知機能や特定機能の実装など、ADAS イメージング フローで必要な機能をハードウェアとソフトウェア間で移動できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング