第48回欧州糖尿病学会(EASD)年次総会で発表された新たなデータから、2型糖尿病患者に対してempagliflozin*が降圧効果を備えた 新たな治療薬となる可能性が示される

PR TIMES / 2012年10月3日 20時11分

この資料は、ドイツ ベーリンガーインゲルハイムと米国イーライリリー・アンド・カンパニーが10月2日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。尚、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。また海外の試験であるため、日本の承認内容と異なることがあります。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。

* empagliflozinは開発中の新規化合物です。その有効性と安全性はまだ十分に確立していません。

2012年10月2日 ドイツ/ベルリン、米国/インディアナポリス

ベーリンガーインゲルハイムとイーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE: LLY)は、開発中のナトリウム依存性グルコース共輸送坦体-2(SGLT-2)阻害薬empagliflozin*の第2b相臨床試験データに関する併合解析の結果を発表しました1。

EmpagliflozinはSGLT-2阻害薬と呼ばれる新しいクラスの化合物で、現在、2型糖尿病患者の血糖値を低下させる効果について検討されています2。2型糖尿病は、持続的な高血糖のほか、β細胞機能の低下、インスリン抵抗性の増大を特徴とします4,5。現在使用されている経口2型糖尿病治療薬の多くは、インスリンというホルモンの作用に依存して上昇した血糖値を低下させます。一方、SGLT-2阻害薬は、腎臓におけるグルコース再吸収を抑制することで、過剰なグルコースを尿中に排泄します。インスリンに依存しない作用機序を持つため、β細胞機能やインスリン抵抗性の有無にかかわらず血糖値を低下させることができます2,3。

EASD年次総会で発表された第2b相試験の新たな併合解析結果(PS 059 SGLT-2 IV 770)では、empagliflozinの主な作用であるHbA1c値低下および体重減少に対する作用のほか、血圧に対する効果についても検討されました1。Empagliflozin投与群では収縮期血圧(SBP)においてベースラインから4~5 mmHgの低下がみられたほか、SBPが高めの患者(ベースラインで140 mmHg超)ではさらに顕著な低下がみられました。

ベースラインの平均SBPはempagliflozin 10 mg投与群で131.3 mmHg、empagliflozin 25 mg投与群で132.5 mmHg、プラセボ投与群では134.3 mmHgでした。12週目における平均SBPの低下はempagliflozin 10 mg投与群で3.8 mmHg、empagliflozin 25 mg投与群で4.5 mmHgであったのに対し、プラセボ投与群では1.2 mmHgでした。いずれの用量のempagliflozin投与群においても、SBPのベースラインからの低下は統計学的に有意でした。ベースラインでSBPが高めだった患者の平均SBPの低下はempagliflozin 10 mg投与群で17.0 mmHg、empagliflozin 25 mg投与群で13.4 mmHg、プラセボ投与群では10.4 mmHgでした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング