チームラボ、「Media Butterfly in Arita」(佐賀)に参加。新作「世界は、解き放たれて、そして、連なっていく - 有田焼」と「お絵かきタウン」in 有田を展示。11月1日(土)~

PR TIMES / 2014年10月27日 11時49分

佐賀県有田町にて、メディアアートの展覧会『Media Butterfly in Arita』が開催。チームラボは、佐賀県立九州陶磁文化館にて新作「世界は、解き放たれ、そして、連なっていく - 有田焼」を、深川製磁本店にて「お絵かきタウン」in 有田を展示。期間は2014年11月1日(土)~11月23日(日)まで。




佐賀県有田町にて、メディアアートの展覧会『Media Butterfly in Arita』が開催。チームラボは、佐賀県立九州陶磁文化館にて新作「世界は、解き放たれ、そして、連なっていく - 有田焼」を、深川製磁本店にて「お絵かきタウン」in 有田を展示。期間は2014年11月1日(土)~11月23日(日)まで。

なお、11月1日(土)は、チームラボ猪子による、ギャラリートークを実施します。

Media Butterfly in Arita:http://www.sagamb.jp/
展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/exhibition/mediabutterfly-saga.html

■出品作品

▼佐賀県立九州陶磁文化館
世界は、解き放たれ、そして、連なっていく - 有田焼
チームラボ, 2014, 音楽:高橋英明


作品:http://www.team-lab.net/all/art/aritaware400world.html

400年連続する有田焼。

有田焼は、400年間、その時代時代のつくり手たちが見ていた美しい世界を、凝縮し、有田焼に閉じ込めてきたとも言えると思っています。そして、その美しい世界が有田焼を通じて、世界へと届いていたのだと思うのです。

現代でいうメディアというものがほとんどなかった時代、もちろん、世界がほとんどつながっていなかった時代 に、長らく、有田焼は、世界をまたぐメディアとして、日本の美しい風景を、世界へ届けていたのだと思うのです。

凝縮し閉じ込められていた、それぞれの時代の美しい世界を、今、もう一度、解き放ち、400年間の時空を超えて、連なり、広がっていく世界を描きます。そして、連なり、広がっていく世界は、未来へ続いていくのです。

大きな壁の前に並べられた有田焼の器は、人が近づくと、有田焼に閉じ込められた世界が、その有田焼から解き放 たれ、映像として、空間に広がっていきます。

そして、それぞれの有田焼から解き放たれた世界は、互いに影響し、全体で、大きな新しい世界をつくっていきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング