1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

IMALUがオーロラ姫の娘役として声優出演決定!話題のTV映画「ディセンダント」が12月に放送

PR TIMES / 2015年11月10日 16時33分

12月18日(金)20:00~ ディズニー・チャンネルにて日本初放送



全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルは、ディズニーヴィランズ(ディズニー映画に登場する悪役たちの総称)の子どもたちが主人公のディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「ディセンダント」に、IMALUさんが声優として出演することを発表しました。本作は12月18日(金)20:00からディズニー・チャンネルにて日本初放送となります。


今回IMALUさんが演じるのは、「眠れる森の美女」のフィリップ王子とオーロラ姫の娘、オードリーです。美しく自信に溢れたオードリーが、ヴィランズの子ども達と出会い、戸惑いそして徐々に変わっていく姿を、著名なご両親のもとに生まれたIMALUさんが熱演します。


[画像1: http://prtimes.jp/i/11446/102/resize/d11446-102-756287-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/11446/102/resize/d11446-102-325617-1.jpg ]



「ディセンダント」は、英語で“子孫”を意味し、そのタイトル通りに、“もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?”という驚くべき発想から誕生したオリジナル作品です。描かれるのは、究極の親子のテーマ。「悪役の子どもは親と同じ悪の道に進むしかないのか?」。プリンセスやプリンスが暮らすとある王国を舞台に、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれます。


出演にあたり、IMALUさんは以下のようにコメントしています。
「私も父親は関西弁でお笑い芸人なので、私も仕事を始める前は『声がすごいガラガラなんじゃないか』なんて、言われていたことがありました(笑)。私だけではなく、親の職業によって子どもがプレッシャーを感じることはあると思います。ヴィランズの子どもたちも、『親のことも考えたいし、家族のことも考えたいし、でも本当の自分はこうなんじゃないかな』っていう葛藤をそれぞれ持っています。それは誰にでもあるし、この作品を見て色んな葛藤と共感できるんじゃないかなって思います。今までのディズニーの作品にはなかった新しいテーマの作品なので、楽しみにしている方も多くいらっしゃると思います。自分自身でいることの大切さが大きいテーマとして伝わる作品になっていると思うので、誰でも楽しめる作品です。ぜひご覧ください!」


「ディセンダント」は、英語で“子孫”を意味し、そのタイトル通りに、“もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?”という驚くべき発想から誕生したオリジナル作品です。プリンセスやプリンスが暮らすとある王国を舞台に、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれます。

最新ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント」をお見逃しなく!


ディズニー・チャンネル公式HP:disneychannel.jp
ディズニー・チャンネル公式Twitter:@disneychanneljp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング