セールスフォース・ドットコム、NTTドコモの新たな営業スタイル確立を支援

PR TIMES / 2021年2月3日 14時15分

~モバイルICTのさらなる活用に向けた営業システムの刷新~

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 井伊 基之、以下NTTドコモ)が同社の推進するパートナーとともに新たな価値を協創する取り組み「+d」において、新たな営業スタイルを支える業務プラットフォームとしてSalesforceを導入したと発表しました。



5G時代の到来により通信業界全体が激変している中、携帯キャリア企業にはこれまで以上に、社会課題解決、産業創出・振興や働き方改革・リモート型社会の推進に資する新たな価値提案が求められており、従来型の営業スタイルを大きく変革し、新しい営業スタイルの確立が急務となっていました。

こうした背景を受け、新たな営業スタイルを下支えするための業務プラットフォームとして、NTTドコモは法人ビジネス本部をはじめとする全国の法人営業部門、及び代理店法人営業担当等でのSalesforceの導入を決定しました。Salesforce Sales Cloud、Salesforce Pardot、Experience Cloud(旧称 Community Cloud)、Shieldなど複数のSalesforce製品を順次導入しており、また、従来から同社で利用している「Tableau」を組み合わせて、営業スタイルの変革を推し進めています。Salesforceに営業情報を集約することに加え、サービスオーダー進捗管理やデジタルマーケティング等の周辺業務を同基盤上で実現することにより、業務を圧倒的に効率化し、顧客応対中心の営業スタイルへの転換が強力に推進され、付加価値を高めたソリューションの提案が可能となります。

Salesforce導入を契機に、同社では2020年3月から法人社内システムの抜本的改革による「協創営業へのリソースシフト」と「付加価値提案力の強化」「営業マネジメントの高度化」を開始しており、今後もセールスフォース・ドットコムは、NTTドコモの目指す営業スタイル変革の実現に向け、同社のデジタルトランスフォーメーションの支援を行ってまいります。

セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング