1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【2021年8-9月調査】20代・30代のアルバイト・パート状況に関するアンケート

PR TIMES / 2021年10月13日 17時45分

10人に1人がコロナの影響で「解雇、雇い止め」約3人に1人超がワクチンを打つ機会がない

企業向けの教育研修事業と若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤剛志)は、20代・30代のアルバイト・パート状況に関するアンケート結果を発表します(回答者数141名、調査日2021年8月19日-9月30日)。



■アルバイト・パート経験者の約10人に1人が「解雇・雇い止めにあった」
厚生労働省によると、新型コロナウイルスに関連する解雇や雇い止めにあった方は、9月24日時点で見込みも含めて累積117,047人にのぼります。また、総務省が10月1日に発表した労働力調査によれば、8月の完全失業率(季節調整値)は2.8%で前月と同率、完全失業者数は193万人で2か月連続の減少という状況となっています。

2021年8月から9月にかけて実施した本アンケートでも、「2020年以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、アルバイト・パートを解雇・雇い止めにあった」との回答が10.3%となっており、2021年7月-8月に実施した同調査結果の13.6%より減少、約10人に1人が影響を受けていることがわかりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/60461/102/resize/d60461-102-d6effc1ee2242b59b0d6-0.png ]


■新型コロナウイルスのワクチン接種状況
最近普及が進んでいる新型コロナウイルスワクチン接種の状況について、「2回目を接種済み」が17.0%で約6人に1人、「打ちたいが、まだ機会がない」が37.6%で最多となりました。アルバイト・パートの就業状況では職域接種の機会に恵まれず、自治体での接種しかないものの、若者の接種は優先順位が低く設定されているため、打つことができないアルバイト・パートの若者が多いと考えられます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/60461/102/resize/d60461-102-3edcd61ba9b51c6a4685-1.png ]


■就職・転職を考えている理由
・出来るだけ若いうちに正社員として働き始めたいと思ったため。
・より責任のある仕事をし、正社員として将来に向けて経験を積みたいと思ったため。
・1年以上実家にいる状態で、就職を考えていたから。
・1度しっかりとした所に就職して勉強したい。
・アルバイトでは稼げない。 周りの友達が就職して焦っている。
・アルバイトとは違った社会経験を積みたいのと、新しい環境にチャレンジしてみたいからです。
・オリンピックのアルバイトが終わって落ち着いてきたので就職活動をしようと思いました。
・コロナの影響で今の給料が下がってしまうから。
・コロナ禍による休業が続き、不安定な生活を変えるために転職を希望しています。
・フリーターであり続けることへの不安や、れっきとした社会人でありたいという願望のため。
・経済の面で家族に負担を強いていること、将来を考えるに当たって自身のキャリアを積む必要性を感じたことが理由です。
・現在、両親の仕事の手伝いをしておりますが、自分で会社に勤めて、社会人としての力を身につけ、一人暮らしをしたいと考えているため。
・現在アルバイトをしており、収入が少なく、世間体もあるため、安定した職に就きたい。
・公務員試験が不合格だったため
・今はアルバイトで生計を立てているが、歳をとるにつれて就職が難しくなると聞くので、早めに就職をしたいと思ったから。


この結果について、当社常務取締役の近藤は、「最新の政府調査結果によれば、完全失業率が2か月連続の減少となり、コロナ禍で増加の一途を辿っていたトレンドから変化が訪れた。当社が継続して実施しているアルバイト・パートのコロナ解雇・雇い止め調査でも、解雇・雇い止め割合がだんだんと減少しており、このことからも労働市場が活性化していることが見て取れる。緊急事態宣言等は解除されたが、再び流行が訪れる可能性も十分にあり得る。この機を逃さずに3-5年後のキャリアを見据え、動き出せるかどうかで結果が変わってくるだろう。また、新型コロナウイルスのワクチン接種について、希望している若者が打つことができないのは懸念すべき事態で、現在・今後の経済活動を支える若者へのワクチン接種が加速し、安心して就職活動・労働ができるようになっていってほしい。」と述べています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/60461/102/resize/d60461-102-24978e7f70e6afb1d52c-2.png ]

常務取締役 近藤 浩充
大学卒業後、情報システム系の会社を経て入社。IT戦略事業部長、経営戦略室長、教育事業部長、若手の採用・就職支援を行うカレッジ事業部長を経て現職。若手求職者の傾向と企業の採用・育成課題の双方を知る立場から、当社の若手求職者向け就活研修・企業向け教育研修を監修するほか、一般企業、金融機関、経営者クラブ、高校などで、若手の採用や育成、キャリア形成等についての講演も多数行っている。


【調査概要】
名称  :20代・30代のアルバイト・パート状況に関する調査
対象  :当社サービスに登録したアルバイト・パートの20代・30代の求職者
回答者数:141名
期間  :2021年8月19日–9月30日

■『コロナ解雇/雇い止め119番』窓口の設置で、就職支援の設置で、就職支援を
当社はこれまで、若年層の就職支援事業を15年にわたり行っており、特に非正規雇用からの正社員就職では、23,000名以上※の就職支援実績があります。2020年9月からは、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めにあった方のための相談窓口『コロナ解雇/雇い止め119番』を設置し、電話やWeb面談による就職相談を受け付けています。(※2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数)

『コロナ解雇/雇い止め119番』URL: https://www.jaic-college.jp/useful/n-kaiko119/


■会社概要
代表取締役:佐藤 剛志
設立   :1991年3月
資本金  :2億5517万円(2021年1月末現在)
本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F(東京本社・受付)
事業所  :横浜支店、東北支店、名古屋支店、大阪支店、
広島支店、九州支店、熊本オフィス、上海ジェイックマイツ
事業内容 :若手総合職就職・採用支援サービス「就職カレッジ(R)」 
女性正社員就職・採用支援サービス「女子カレッジ(R)」 
新卒学生の就職・採用支援サービス「新卒カレッジ(R)」
中退者の就職・採用支援サービス「セカンドカレッジ(R)」
30代の就職・採用支援サービス「30代カレッジ(R)」
特性マッチングサイト「FutureFinder(R)」
大学支援サービス
各種教育セミナー事業、原田メソッド(R)教育研修事業、7つの習慣(R)教育研修事業
リーダーカレッジ、エースカレッジ、社員教育教材の開発・販売事業
URL    : https://www.jaic-g.com/
既卒向け就職支援サービス: https://www.jaic-college.jp/
新卒向け就職支援サービス: https://shinsotsu.jaic-college.jp/lp/2022/
企業向け採用支援サービス 集団面接会(しゅうめん): https://college.e-jinzai.co.jp/
企業向け教育研修サービス: https://www.jaic-g.com/service/education/
採用×教育チャンネル 「HRドクター」: https://www.hr-doctor.com/

【お問い合わせ先】
株式会社ジェイック  担当:田中
E-mail: info@jaic-g.com TEL 03-5282-7600  FAX 03-5282-7607

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング