自主企画 『2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京開催決定! 緊急意識調査』

PR TIMES / 2013年9月9日 18時58分

56年ぶりの東京五輪開催、86.7% が歓迎!
78.5%が 「招致活動を評価する」 と回答



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)は、『2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京開催決定に関する意識調査』を実施しました。本調査は、2013年9月9日10時~13時、NTTドコモのプレミアクラブ会員のうち15~69歳の1,200名(京浜/東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県、京阪神/大阪府・京都府・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県)を対象としてスマートフォンによるインターネット調査を行い、結果をまとめました。

-------------------------------------------------
調査結果
-------------------------------------------------
1. 86.7%が東京開催決定を歓迎
 図1は、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定したことについて、
 「嬉しい」「嬉しくない」を聞いた結果である。86.7%の人が東京に決定して「嬉しい」と回答している。


2. 78.5%の人が招致活動を評価すると回答
 図2は、オリンピックの招致活動に対する評価を聞いた結果である。
 「非常に高く評価する」「まあ評価する」と回答した合計は78.5%となった。


3. 「子供に夢」「国内消費の活性化」「震災復興活動の弾み」に期待
 図3は、オリンピックの東京開催に伴い期待することを聞いた結果である。
 「子供に夢を与える」が59.6%でトップ。「国内消費の活性化」(52.1%)が続く。
 また、「東日本大震災復興活動の弾み」にも半数近くの期待が寄せられている。


4. 半数を超える人が「競技場で観戦したい」と回答
 図4は、観戦・視聴方法を聞いた結果である。
 「テレビで生中継を見たい」がトップで76.3%。53.7%の人が「競技場で観戦したい」と回答。
 特に京浜在住者では63.0%が直接競技場で観戦したいと答えている。


5. 注目競技は「水泳」、やってみたい競技は「テニス」
 図5は、2020年のオリンピックで開催される28競技について、「注目している競技」と
 「自身でやってみたい競技」を聞いた結果である。
 注目している競技のトップは「水泳」で58.8%。競技に残留が決まった「レスリング」は
 サッカーに続いて注目度5位に食い込む。やってみたい競技は「テニス」がトップ。


-------------------------------------------------
調査概要
-------------------------------------------------
調査方法  :  インターネット調査(スマートフォンを使用)

調査地域  :  京浜(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
         京阪神(大阪府・京都府・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県)

調査対象者 :  NTTドコモのプレミアクラブ会員のうち、ドコモ・インサイトマーケティングの
         アンケートに協力の許諾を得た15~69歳の一般男女 1,200名

サンプル構成:  1,200サンプル(京浜:600、京阪神:600)


調査期間  :  2013年9月9日 10時~13時


調査実施機関:  株式会社インテージ


【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(市場名:東証1部・4326、本社:東京都千代田区、設立年月日:1960年3月2日、代表取締役社長:宮首 賢治)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。国内マーケティングリサーチのパイオニアとして、お客様のビジネスの成功に貢献してまいります。

【株式会社ドコモ・インサイトマーケティング】 http://www.dcm-im.com/
株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、設立年月日:2012年4月2日、代表取締役社長:村上 清幸)は、主にリサーチ事業およびマーケティング支援事業を展開し、スマートフォン等のモバイル端末の即時性を活用したリアルタイムなネットリサーチや、取得した多様な情報をもとにしたリサーチ等を提供しています。NTTドコモのプレミアクラブ会員約5,000 万人をベースとした顧客基盤と、インテージの情報活用ノウハウの融合により、メーカー・小売業等の企業が行うマーケティング活動を支援し、圧倒的な規模と品質を備えたサービスを、生活者と企業に提供してまいります。

------------------------------------------------
この件に関するお問い合わせ先
-------------------------------------------------
株式会社インテージ 広報担当 
担当:小関(おぜき)/佐藤(さとう)
TEL:03-5294-6000 FAX: 03-5294-8318 
サイト「お問い合わせフォーム」 http://www.intage.co.jp/contact/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング