自主企画 『2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京開催決定! 緊急意識調査』

PR TIMES / 2013年9月9日 18時58分

56年ぶりの東京五輪開催、86.7% が歓迎!
78.5%が 「招致活動を評価する」 と回答



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)は、『2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京開催決定に関する意識調査』を実施しました。本調査は、2013年9月9日10時~13時、NTTドコモのプレミアクラブ会員のうち15~69歳の1,200名(京浜/東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県、京阪神/大阪府・京都府・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県)を対象としてスマートフォンによるインターネット調査を行い、結果をまとめました。

-------------------------------------------------
調査結果
-------------------------------------------------
1. 86.7%が東京開催決定を歓迎
 図1は、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定したことについて、
 「嬉しい」「嬉しくない」を聞いた結果である。86.7%の人が東京に決定して「嬉しい」と回答している。


2. 78.5%の人が招致活動を評価すると回答
 図2は、オリンピックの招致活動に対する評価を聞いた結果である。
 「非常に高く評価する」「まあ評価する」と回答した合計は78.5%となった。


3. 「子供に夢」「国内消費の活性化」「震災復興活動の弾み」に期待
 図3は、オリンピックの東京開催に伴い期待することを聞いた結果である。
 「子供に夢を与える」が59.6%でトップ。「国内消費の活性化」(52.1%)が続く。
 また、「東日本大震災復興活動の弾み」にも半数近くの期待が寄せられている。


4. 半数を超える人が「競技場で観戦したい」と回答
 図4は、観戦・視聴方法を聞いた結果である。
 「テレビで生中継を見たい」がトップで76.3%。53.7%の人が「競技場で観戦したい」と回答。
 特に京浜在住者では63.0%が直接競技場で観戦したいと答えている。


5. 注目競技は「水泳」、やってみたい競技は「テニス」
 図5は、2020年のオリンピックで開催される28競技について、「注目している競技」と
 「自身でやってみたい競技」を聞いた結果である。
 注目している競技のトップは「水泳」で58.8%。競技に残留が決まった「レスリング」は
 サッカーに続いて注目度5位に食い込む。やってみたい競技は「テニス」がトップ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング