銀座の街がタグ・ホイヤー〈カレラ〉生誕50周年を祝福!

PR TIMES / 2013年6月3日 11時10分

2013年6月1日(土)~30日(日)
松屋銀座の外壁をタグ・ホイヤー〈カレラ〉生誕50周年を祝福したデコレーションが彩ります



創業1680年 スイスの時計ブランド〈タグ・ホイヤー〉が誇るレジェンダリー コレクション〈カレラ〉は、今より遡ること50年前の1963年に現名誉会長ジャック・ホイヤーが開発に着手し1964年に世に送り出されました。2013年〈カレラ〉生誕50周年を祝福して、全世界でアニバーサリー イベントが開催されるなか、日本では東京・銀座の街が〈カレラ〉生誕50周年を祝福することとなります。
銀座の文化を正当に継承し未来へと紡ぐ、銀座のランドマークである「松屋銀座」の外壁を、同じく過去から未来へと継承される〈カレラ〉のさまざまなアートビジュアル、―〈カレラ〉の初代モデルや最新モデル、タグ・ホイヤーアンバサダーのレオナルド・ディカプリオや、〈カレラ〉のエンジンである自社クロノグラフムーブメント〈キャリバー 1887〉、タグ・ホイヤーが贈るオートオルロジュリーピース〈マイクロトゥールビヨンズ〉、レッドとグリーンのタグ・ホイヤー ロゴなどが、〈カレラ〉がインスパイアをうけた60年代テイストの心躍るようなデコレーションで彩ります。やわらかな初夏の日差しが降りそそぐ銀座の街で、〈カレラ〉生誕50周年を彩るアートビジュアルを是非お楽しみください。


タグ・ホイヤー 〈カレラ〉コレクション
スピード、感動、魅力:
レーサーとモーターレース愛好者に向けてデザインされたアイコニックなスポーティ クロノグラフ〈カレラ〉がモーターレースシーンに登場してから半世紀。今でも、カレラは、無敵を誇るタグ・ホイヤーのモータースポーツの系譜であり、初の車用ダッシュボード・クロノグラフ〈タイム オブ トリップ/Time of Trip〉(1911年)から始まる車と時計の完璧な相乗作用を引き継ぐコレクションであり、今日に至るまで世界中のモーターレースシーンで最高のレーサーやチームとのパートナーシップが続いています。

〈カレラ〉 50年の歩み
1963年、スポーツのタイムキーピングにいくつもの画期的な前進をもたらした、タグ・ホイヤー本社名誉会長ジャック・ホイヤーは、カーレーサーのニーズに着目しました。長年にわたってカーレースを愛し、自らもレースに参加していたジャック・ホイヤーは、視認性の高い大きなダイアルや、きわめてハードなレース中での装着にも耐えられる耐衝撃と防水構造に優れたケースなど、カーレースで必要とされるものを知り尽くしていました。
また、彼の心の中には理想のモチーフがありました。それこそ、世界で最も過酷な耐久レースとして知られた〈カレラ・パナメリカーナ・メキシコ〉でした。彼は次のように語っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング